Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

芸術作品

お気に入りましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

title:
人間芸術家宣言!
¥500
amazonにて絶賛販売中!

 

コンセプト

人間はみな芸術家である。この不変の真理をやさしいことばで説いた現代のバイブル。

----- 6浪という奈落の底で掴んだ一筋の光、人間はすべて感動するために生きている! -----

この世界に生まれてきてよかった!そう思える瞬間が人生にたった一度でもあったのなら、その人の人生は全肯定される。芸術の本質から生きる意味まで人間存在の根本をカタストロフィックに震撼させる人文系知学終焉の書、今もっともホットな全人類必読の芸術論!

新進気鋭のリベラルアーティストが贈るツァラツゥストラを超えた人類史上最大の贈り物。

title:
あなたの命は私たちのアート

2074、夢の世界

会期: 2017年6月17日(土)- 6月25日(日)
午前10時 - 午後6時(入館は午後5時30分まで)
会期中無休
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2
観覧料: 無料
主催: コルベール委員会、東京藝術大学
後援: フランス文化・通信省、文化庁

 

 

コンセプト

現代アーティストは100年経った今もマルセル・デュシャンの亡霊に徒手空拳している現状があります。何をやっても、デュシャン、デュシャン、作り手も鑑賞者も美術クラスタはバカの一つ覚えみたいにデュシャンを語ります。本当の意味でダダの権化であるデュシャンと真正面からぶつかるには、論理という意味を持って横綱相撲であたらなければ倒せません。けたぐりや八双飛びのアートには疲れだというのが自分の素直な気持ちでした。一度、意味を持ったアート、すなわち、はじめに言葉ありきで非言語のアートにロゴスを注入することでしかデュシャンを成仏させられないと思ったわけです。ちなみに今回はピアフの恋人であるもうひとりのマルセルの葬送もかねております。metとは古代ヘブライ語で死を意味します。しかし、その頭文字にeをつけるとemet すなわち、真理(胎児)を意味することばになります。死んだ世界に彩りを放つのは、私たちひとりひとりの"e"motional なアートなのです。コルベール委員会から与えられた小説の世界観に立脚し、二次創作を展開しました。2035年という最もパンデミックのひどかった年に、ルーブル美術館に閉じ込められた13人の生存者が語る極限状況での対話。キリスト教、イスラム教、無心論者、不可知論者、国家主義者がともに歌う希望の参加、それは、”あなた”という希望であったのだ。

title:
だるま図

謎解きアートで遊べる「浴場とヒタキバを巡る小さな冒険」

会場:元銭湯「宮の湯」(文京区根津2-19-8)

開催期間:4月22日(土)~5月6日(土)※若干前後する可能性があります。

開催時間:16時〜21時 ※最終入館20:30

定休日:火曜

入館料:1000円(学生は300円)

 

 

コンセプト

禅画、大好きです。最近、ちょくちょく襖に絵を描かせていただいております。それで生計を立てられるくらいにしていきたいと思います。ぜひお仕事のご依頼くださいませ!一気呵成に書き上げます!モチーフなどのご相談あれば、承っておりますのでぜひ!

 

コンセプト

禅画に他の僧侶に円を描かせ、そこにただ一点のみの点を打ち、自らの讃とする作品がある。今回は渋谷ワンダーサイトでも展示を行うなど精力的に活躍されている画家・染谷浩司さんの協力を得て創作を行った。近年注目を集めているアートデレクションの観点から自分では描かないというアートディレクション的作品である。ディレクションという行為を通じ、自己と他者のオリジナリティーの境界に揺さぶりをかけることを意図した。

title:

□△○
1枚、時価¥30,000~2,000,000(応相談)
*サイズによりお値段が変わります。ご了承ください。
*下半身のマークは外すことも可。

コンセプト

レオナルド・ダ・ヴィンチと禅の融合を意図した作品です。

ダ・ヴィンチがウィトルウィウス的人体図でこの世界の”理”、世界・神・人のセンス・オブワンダーを表現したように、本作品は江戸の禅僧で画家でもある仙厓の作品をオマージュしながら自らの身体を用いてダ・ヴィンチが表現したかったものと同じものを表現しようと試みました。

人間は何のために学ぶのか、という素朴な疑問を考えた結果、”自由”になるため、だという結論を得ました。教養とは凝り固まった知性から自由になれる加速器のようなものであり、実際に自由の象徴でもある丸裸という恥部を晒すことで失われるものと得られるものとを実験してみたかったという点があります。

昔の自分よりも、この作品を制作し、発表した自分の方がより自由でいられるような気がします。なぜ人は裸のまま生まれてくるのに、裸が禁止されるのか、素朴な疑問に答えを出したかったという意味合いもあります。もし裸であることが罪であるならば、私たちは生まれながらに罪人となってしまいます。本来の裸は美しくないのでしょうか。私は美しいと思います。なぜギリシア彫刻の裸は許されて、生身の裸は許されないのでしょうか。ボッティチェリティッツィアーノクラーナハ春画、さらにはコンビニのエロ本はよくて、現代のアーティストが描く裸体画はいけないのでしょうか。なぜジョン・レノン&オノヨーコの裸はよくて、一般人の裸はよくないのでしょうか。そうした裸体になることは選ばれしものだけなのでしょうか。私は違うと思います。人それぞれにそれぞれの裸体の美しさがある。ありのままの姿がある。そうした数々の疑問の答えを探るため、またそうしたことを語る議論の場を創出したいと考え、本作品を制作いたしました。空気に踊らされない熟議を経たヌードの展示を強く望みます。

時代の無意識な思い込みや、ドグマは自由からの逃走をもたらします。管理されることは楽であり、管理になれた時に人は、しなやかな批評性を失ってしまいます。そうなりかけた時のための自衛のための予防線として、家康が三方ヶ原戦いで描いた自画像的な用途で、凝り固まる自分への警鐘として、自由になることを希求することを忘れぬように、その時の自分の勇気ある姿を写し取りました。萎縮せず、創作のフロンティアを開拓していきたいと思います。上司も嫌な同僚も、好きなあの子もみんな、みんなで一緒に裸(ボノボ)になりましょう。

title:
虹孔雀

虹孔雀

コンセプト

ひねもす君の魅力について考える。君は老婆であると同時に若い女でも幼子でもある。つまりは完全無欠な存在。ひとりの女性を通じ、DAS EWIG WEIBLICHE永遠に女性なるもの)を知ることはできるだろうか。孔雀の羽のように千変万化し無限に広がる表情(かお)、僕のモナリザであり僕を愛すことによって道を外れたひとりの女をモチーフにデジタル加工全盛の時代の他者性について考えたい。ゆがみとオリジナルの間に横たわる揺らぎ。今「あなた」が見ている「ホンモノ」はどちらなのか。情報のゆがみの中で見せる様々な変形的表情、アナログ(顔を実際に圧縮)とデジタルによる二重の加工、物質・非物質情報の混沌が入り混じる中で真実を見つめるとは何であろうか。進化心理学的にシミュラークルを希求せざるを得ない人類はSNSというリヴァイアサンを前に途方に暮れている。精神的疲労をもたらす情報の大海嘯はネットにアクセスする人間すべてを飲み込む。私たちが保有する無限のペルソナ、そのすべてが私たち自身のリアルな表情である。他者に弱みをさらけ出す変顔は瞬時の連帯を示唆する。無表情で匿名的他者の砂漠的表情の裏に豊饒の海に等しい多様な人間存在がある。本作品は知的謙遜ならびに知的共感を受容者に要請する。現代のムンクは悲痛を超え「をかし」の叫びを知的謙遜・知的共感をもって共に讃える。ひとりの女性を通じて74億人は歓喜に至るのだ

 

title:
碧のトイレ
2012年 取手アートパスにて人類が到達できるファインアートの最終形態を展示。以後、作品制作から哲学としてのアート制作に移行した、その決定的作品。設置から撤去まで、またそれに至るまでの大学との交渉、また同級生との交渉、費用など、いかにアートがキリスト的行為かを心身ともに満身創痍になりながら体感した一連のログはこちらから。

 

コンセプト

生きるために他者を蹴落とさなければならない人間の業をテーマに作品を制作しました。展示はインスタレーションという体験型の鑑賞形式を用いました。トイレ空間を使った現代の茶室であり聖堂を意図してあります。

この作品にはひとつひとつのモノに意味が込められています。なぜトイレなのか、なぜ碧色なのか、なぜBGMにゴールドベルク変奏曲や第九が用いられているのか、そうしたひとつひとつの事柄にメッセージがあります。

碧色の紙で覆われた用紙:実はその年の芸術学科の入学試験の答案用紙なのです。自分が受かるためには他者を蹴落とす。権謀術数、騙し、裏切り、そこに勝利したものが藝大に入学するのではないか。そんな素朴な疑問を表現するには何が適切か、考え抜いた結果、答案用紙というモノにたどり着きました。藝大入試という極めて具体的な事象から中高大学入試、就活、婚活へと逃れることができない殺し合いの螺旋を抽象化し、そこに鑑賞者の人生を投影できる余白を残しました。自己ベストは誰かの不幸、その真実を認めたところから全てははじまる、そのような思いから制作しました。本作品に協力してくれた芸学の同期にはこの場を借りて感謝を申し上げます。

なぜトイレか:穢い場所として、また世界最高の現代アーティストとしてのマルセル・デュシャンへの鎮魂歌を奏でるにふさわしい場所、レディメイドが溢れる場所として選定しました。彼を踏まえた上での最終芸術です。

現代花器に午後の紅茶のレモンティーを注いで飲む:自己を省み、穢いものの中で穢いもの(尿)を彷彿とさせる飲み物を飲むという行為が自らの”獣性”を客観的に自覚させる意図が組み込まれています。

碧の色:ウルトラマリンとはマリン、すなわち海を越えてという意味がある色です。アフガニスタンで採掘された石の顔料がシルクロードを渡り、中東、地中海を渡りヨーロッパに入ってきます。輸送費が莫大にかかるこのウルトラマリンはたいそう高価で聖母マリアの衣に使われる色でありました。この空間では生きるために他者を喰わざるを得ない人間の業に涙する聖母マリアのピエタを込めました。この空間は現代のシスティナ礼拝堂なのです。

展示空間でのBGM:グレン・グルドのゴールドベルク変奏曲の冒頭と最終のアリアをベースに、モーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプス、戦場のメリークリスマス、パッヘルベルのカノン、トトロの風の散歩道、ベートーヴェンの第九、が永遠にループで再生されています。人間の業、わかっちゃいるけどやめられない。戦争・貧困・飢餓・入試・就活・ブラック・硬直した組織、萎縮する表現など、とめどもなく繰り返されるエンドレスリピート、その中で見つめるパンドラの箱の中の一筋の光を感じていただければと思って、使用しました。

床:カーペットを敷き詰めてあります。高級ホテルや大企業の最終面接に来たような非日常感、地べたに座っても寝ても大丈夫なように設置しました。くつろいでいただける非日常な空間への導入剤です。

線香:会場には最高級伽羅を用いて、お香が焚きしめてあります。場を清めること、聖なる空間であることの演出です。

実際に使用出来る:トイレの機能は実際に使えることです。体験型インスタレーションとしてトイレを用いる点で新しかったのではないかと思います。

カーテンの奥にある書物:旧約聖書、新約聖書、スッタニパータ、コーラン、論語、プラトンといった枢軸時代の書物を配置しました。逃れることのできない業の中でも、あがきもがき続けながら人間が目指すべき理想像を導くそれらの書物がひとつの救いであるという意図を込めました。

人間の業を見据えながら、この世界に生まれてきた喜怒哀楽…

世界ってなんだ?神ってなんだ?人間ってなんだ?という魂の叫びを作品に込めました。

title:
龍虎図
¥300000~(応相談)

コンセプト

むしゃくしゃして描いた。

石神井寮という、藝大の学生寮の自分の共同生活ブロックのトイレに最高学年の権威を用いて好き勝手放題に描いた龍虎図です。曾我蕭白のオマージュ作品です。サックス奏者の上野耕平やトロンボーン奏者の松永大遼絶賛の壁画です。

 

title:
風神雷神図
¥500000~(応相談)

コンセプト

むしゃくしゃして描いたⅡ(ツー)。

大規模な絵画空間に葛飾北斎のオマージュを描きました。サイズは3m×3mがふたつと3m×8mがひとつです。模倣の果てに真の理解がある、という小林秀雄の語りを実体験して彼が語ったことばの真理を知りました。

 

title:
それでもあきらめきれないぼくたちはラノベで抵抗をこころみました。
@上野ステーションギャラリー展示作品/メディアミックス作品
Web:しゃく・じ・い・りょー!

コンセプト

 

抵抗運動もむなしく、解体されてしまった石神井寮に対する思いから、アート活動を通じて大学にインティファーダを行いました。

今は懐かしき、石神井寮がまだ存在していたら、そこで毎年彩られる青春群像劇があったはず、そのイメージを持って制作をしました。ラノベ化を狙っています。

title:
我路・業
¥500000~(応相談)

コンセプト

 

筆を作ろう、そう思い作成した動画です。

筆とは何か?筆の機能とは、概念的に考えてみた試行錯誤の実験です。

夢枕獏先生、松下功先生、ご指導、ご協力ありがとうございました。

title:
概念アート

『人間芸術家宣言』、『芸術の最終定義』、『クラリス・クライシス』など、研究を芸術活動として位置付けております。美術史によれば芸術は哲学となることによってその役割を終えたとされます。そしてアーサー・ダントーは芸術家は哲学者とならねばならないとも語ります。哲学になったアートの姿をとくとご堪能あれ。

スクリーンショット 2016-06-25 13.35.05

クラリス・クライシス表紙

コンセプト

 

論文形式でアート作品を発表しております。人間の営みすべてが芸術的行為です。理想を追い求め、それに努力する行為、キャンバスに描くタッチも子どもの寝顔を愛撫する手もどっちも同じ芸術です。その意味で、論文もまたアート行為だと私は考えます。

 

title:
大文字の歴史画

9/11(左作品)The South Manchuria Railway Co., Ltd.(右作品) (¥50000〜)

コンセプト

世界史的な現象をあえてポップなイラストで創作してみました。日曜ののんびりした昼下がりにビール片手に悲劇的事象を扱うジレンマを第三者的、神の目線で世界の悲劇を喜劇化する李白スタイルな作品です。

 

 

title:
石神井寮より 序曲

コンセプト

石神井寮に寄生していた変な虫がいたので、その撮影に成功した動画です。こうした自由な環境で創作活動に従事できたことは、自分の大いなる財産です。

コンセプト

ロリコン文化がなぜ日本で生まれ発展しているのか、学際領域的観点から分析したプレゼンテーションです。不慣れな英語ですが、どうぞご覧ください。さらに修士論文では扱わなかったオタクが未来のニュータイプであると科学的なエビデンスに基づき実証的予測を行っています。ご興味ある方はぜひご覧ください。

 

title:
東京盛夏(一ノ瀬健太 初監督作品)

コンセプト

小津安二郎が好きすぎてたまりません。これほどまでに”もののあはれ”をとらえた作家が世界におりましたでしょうか。私が研究しているロリコン文化と小津監督との奇跡のコラボレーションが今ここに!小津を継承し、小津を超えた”もののあはれ”をきっと体感するでしょう!

Now title:

上記のような作品のオーダーメイド芸術作品を扱っております。(すべて応相談、融通効きます。)

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ