Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

緑人ヘイト

1. まず嫌がらせを受けている人に話しかけよう

嫌がらせを受けている人の隣に座り話しかける。落ち着いて、冷静にあいさつをしよう。攻撃している人は無視。

 

2. とにかく何か会話の種を投げかけて、2人で会話をしよう。

トピックはなんでもOK。好きな映画、天気、着ているもの。なんでもOKです。

3. 引き続き安心できる空間を作ること。

嫌がらせを受けている人とアイコンタクトをして、嫌がらせをしている人を無視すること。決して存在を認めないこと。そうすると嫌がらせをする人は去っていきます。

 

4. 嫌がらせをする人が立ち去るまで会話を続ける。必要ならば嫌がらせを受けている人を安全な場所まで連れていくこと。

嫌がらせをされている人を、落ち着ける場所まで連れていくこと。しかし、その人の意志を尊重することが一番大事。もし大丈夫と言ったら、その人がしたいようにしてもらう。

 

暴力は暴力しか生みませんので、最後の行為は各自の判断にお任せします。戦わずして勝つ(克つ)というのが最善の方法です。

 

そしてこれらに付け加えて重要なことがあと2点。

1. まず、決して攻撃者と関わらないこと。徹底的に無視して、被害を受けている人に集中すること。

2. 被害を受けている人の意思を最大限尊重すること。その場を立ち去ろうとしているなら、そのようにしてもらう。必要ならばあなたの友人を呼んだり、もし、その人が警察を呼んでほしければ呼ぶ。すべてはその人の意思次第。

この行動リストは心理学の”non-complementary behaviour”(非補完的行動)と呼ばれる概念にもとづいて作成されており、攻撃者と関わることなく、攻撃者が対象者と関係を作ることを邪魔することができる方法であるそうだ。

 

参考サイト:下記サイトから文章ママ全体を引用です。

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

オリジナルサイト:

WHAT TO DO WHEN YOU ARE WITNESSING ISLAMOPHOBIC HARASSMENT: A bystander’s guide to help the person who’s being targeted.
(Art by Maeril )

 

別にアメリカの大統領がトランプでもいいし、戦争になっちゃったらなっちゃたらで仕方ないと思っています。漱石や鴎外たちが戦争に望んだように、自分も含め文士には文士の限界があります。とりま、なんか、勝手にファビョってる奴らがでかい顔して、おれのダチを先天的に科学と統計にもとづかぬディスりをしてくるのには腹が立つので、ライムに乗せてお送りしましたw

 

けんちゃんだんご

 

 

 

 

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA