Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

あこがれのYoutuber

あこがれのYoutuberに俺はなる!

DSCN9297

神になってみたったンゴwww

 

なんだ、ヒカキンってやつ、めっちゃ、簡単なことして稼いでるらしい。

ということで、早速ヒカキン・チャンネルを見たがぜんぜん、まったく面白くない。ふむふむ、これなら俺にもできそうだ。と早速、冷蔵庫にあった牛乳を出してきて、ヒカキンのようにレビューをしてみた…

 

なんだ!ぜんぜん余裕じゃん!!!…な、わけがなかった。


やってみると、意外に言葉が出てこない。つまる。味を言葉に変換する作業は、絵画をことばに落とし込むディスクリプションのようでいて、訓練しなければできるものではない。一朝一夕でできるほどヒカキンは甘くないことがわかった。編集もいいテンポだし、変顔、モノマネもいい感じにヘタウマだ。小学生をターゲットにしているのも巧み。

悔しいから、ヒカキンをディするためにヒカキンの過去の動画を見てみた。なんとヒカキンはもともとスーパーの店員でバイトをしながら夜中に動画を上げていたという。泣ける。うぅ、この時点でヒカキンをディスろうとした自分がなんともちっぽけな存在に思えるし、なにより、ヒカキンやセイキンにも俺と同じようにおかんやおとんやじいさま、ばあさま、やいとこといった家族がいるわけで、そんな奴でぃすれるわけねぇじゃん!無理無理、俺、無理ぽ。

他者をディスって束の間の優越感を得ることほど空しいものはない。

実際には負けているのに、買ったと思い込むのは愚の骨頂だ。ボイスパーカッションをやって、そこから火が付いたのだ。聞けばエアロ・スミスとも共演している。しかも、自分がYouTubeに興味を持つ6年前近くから動画をあげてYouTuberになるべくしたたかに準備をしていたこともわかった。しかも、同じ新潟出身、悔しい。今は新潟で一番有名なのは彼だろう。うぅ、悔しいぜ!ヒカキン、うらやましい!(羨ましいとは、その相手の苦労を知った上ではじめていえたものだ、とたしか美輪明宏さんがおっしゃっていたので、自戒。自戒。)

というか、そもそもでネットに顔をあげること自体凄いことだ。ビビリの俺は本当にそう思う。ヒカキンはよく華がない、かっこよくない、なんで売れてるのか解らない、運だけ野郎、といったシバターのような意見をよく耳にするが、全くもってほぼ同意だ。だが、やっぱり、それでもヒカキンは凄いのだ。端的に言ってしまえば、ヒカキンはリスクを取った。自分がかっこ良くないことなど、言われなくても重々承知だ。かっこ良くも、不細工でもない、個性のない平均顔、それを知った上で、それでもヒカキンは飛び込んだ。その勇気がめちゃめちゃ凄いのだ。マジリスペクトというやつだ。

もはや、先行優位の法則で、関連動画、おすすめ動画に勝手にシステムであがってくるから、必ず誰かがそれをポチるわけだが、それは石油も、マイクロソフトも似たようなもんだ。運も実力の打ち出し、そこまでリスクを取って成り上がった、凄い奴だ。何度もいうが、自らで自立する雄はそれだけで尊い。これは真理だ。俺の中で。間違いなく。

今やすでにYoutuberはレッドオーシャンと化した感は否めないが、それでも、なんとかして、ニッチのようなものを探して住み分けられたらいいなと考えている。Youtubeで月収10万円稼げたら最高だ。

再生回数×0.1円が収入になるらしい。一ヶ月、100万再生されたら、申し分ない。はぴはぴはっぴー!くっちゃらはぴはぴー!(表現が古くてすみません。)

 

一ノ瀬健太

まとめ

①ヒカキンは努力をし、なおかつリスクをとって攻めた点がマジリスペクト!
②Youtubeの収入は、再生回数×0.1円(らしい)
③先行優位の法則だが、ヒカキン、今に見てろよぉ!
④他者をディスって優越感を得るのはダサい。前園さんの言う通り。

⑤自立する雄は、マジリスペクト。
⑥Youtuberになるためにリサーチを俺氏はじめる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA