Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

一日にそれだけやること

筆者子ども時代

 

結論から言って、一日それ尽くしはおすすめしない。一日中ひとつのことだけに従事し続けること、という意味だ。

というのも、それだけやろうろすると、よっぽどのことでない限り飽きがくるからだ。飽きがきて効率が下がる。

それよりかは、一日のうちに何か違う分野のことを学んだ方がベターだ。




そして、おそらくポイントは、ひとつのことを一日だけやって、また別の日にはそれいがいのことのみつきっきりでかかる、ってのも止めた方がいいと感じた。当然、ビル・ゲイツやら、なんやらの超オタクで、空気吸う以外、それ以外やりたくないって話なら別だし、そのスタイルは当然あっていいのだが、俺にはそのスタイルはどうやら合わないらしい。

大切なことは…

毎日、その分野に少しでも触れ続け、なおかつ成長すること。

なのだと、思う。最近もワードプレスに触れるまでHTMLのことを綺麗さっぱり忘れていたからつくづく思う。毎日、少しづつ、コツコツと蟻のように愚直に精進することがやっぱり大事なのだ。ナビゲーションをいじるとか、素敵なサイトから技を盗むとか、できることはたくさんある。このブログもそうしたことを常日頃から少しづつ改良していく。

愚直に。愚直に。松下幸之助のことば(道をひらく)は、やはり染みるでありんす。

 

ありんすと言えば、やはり、遊郭言葉と流浪雲であろう。

流浪雲/ジョージ秋山

流浪雲/ジョージ秋山(ビッグコミックオリジナル

 

旦那のように、生きたいでやんす。

 

一ノ瀬健太

勝手に超まとめ
①一日それ尽くしは、やっぱり飽きる。
②毎日課題に触れ、少しでも確実に成長。
③流浪雲のように生きたい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA