Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

33歳の誕生日を迎えました!


33歳になりました!

English Ver.
I am 33 years old!

English Ver. I bought a Ferrari for reward to myself! And I borrowed from a friend, telling me with braveness and seeing it from my childhood dream!
As one more sweet chestnut, my dream has come true!

Well well, thanks for this message, everyone, for your birthday celebration!

Thank you for care about yourself who does not mutter that you did strange things! After all, it would be nice to have a message!

At the end of elementary school, the boy who was reading a one-piece in real time also became my eyes old Roronoa Zoro. If you hear Zoro, it is about the time you are closer to recalling the Zoro Horse than the Petit Zorori, the pleasant Zorro, and even the Kaiji Espoir edition.

I saw the moon while taking a cool even last night while watching the giants of the academic and entertainment worlds fall down every day. While looking for a fan like Katsuhiko Komei, another snowy road passed today. And middle eyes who are distant eyes are as ever.

At the luxury gym in the neighborhood with the bride

I have been sending my days a sense of being aware that myself is not anyone since I passed past 30, but recently I came here and gradually seemed to have gradually improved my way of life gradually but I feel like I’ve been positive I will do. There were many days when I thought that I, everyone, thought to be skillful with the skills of lawyers, doctors, and investors’ friends, but from my friends, quite a lot of my skills are quite skillful It seems like it is coming. My friends also told me that I had nothing to do with them, I was told that it was only skill and how modest it was, but it seemed to me to say with real intention. Although it is not three years on the stone, I am still setting up in the art world for a long time, so I think that I wonder if it has become possible to embody the art air as it is, today is my birthday.

Recently, the world seems to be a little different from the old days. That is to see what the person wants to protect.

That means that respectful respect for people comes up in a certain way. This is the point of view I have never seen before. The epicenter of that respect probably is a look to skill to the opponent. I have never had a thing like myself, in particular, this will not be defeated if this is the case, as far as the area can be protected at all. However, recently, I got to play in the laboratory and the chances of talking with the assistant of the laboratory who is a game associate increased, and I learned that there is something that everyone wants to protect, and not give over. And it came to think that the person who has such a person is cool. It is around this time that each region and justice are different, and it feels shrewd that it is coolness of having faith in each way. By the way, it was a territory where games and clarity can not be given in case of assistant.

Truly recently, I have been devoted to various methods of academism, such as the loose nature of my language, sweetness, form as a thesis. Perhaps it was something that I should have learned at the undergraduate stage, however, I think that it is information that is crowded because it is now that I have become a doctoral course with that, and that I realized that it is really necessary for me I am.

Every day I receive guidance from a professor or assistant from a powerpower girls-like academic super power harassment blow, a critical critical painful blow. Miracle full opening powerpawpower ~ (It is the ending song of Dragon Ball Z)

Recently I turned over Plato I read it 15 years ago and read it back. It was because I received advice seriously from the assistant who read Plato. In the past eight years, I have heard about myself about teaching aesthetics, supervisor, assistant, and those who have no hearing about opinions of aesthetics officials. That too seriously. Sometimes I was told that tomorrow is not rain, hail, no no nobility, Saijo Hideki would die.

I am reading “Menon” now. It is a story about virtue, but this is also a shame. Face, image, representation when I heard it as philosophy … Kant, Hegel, Hume, Dewey, Wittgenstein, Aristotle, Collingwood …

Until recently myself knew such philosophers as being outdated. It is empty and ugly because it is only offering the eating support of the teacher ‘s gentlemen’ s gentlemen, and it is also totally meaningless economically, and it is no mistake that the LDP scraps the humanities literature budget by gorigor I am afraid, I have criticized university professors, faculty members, assistants, stakeholders with that conviction. Aesthetics, philosophy and art do not contribute anything to save the world sadness! Can you save a sick child with hunger in literature? Is art simply luxury goods in leisure time? Even without going to … … it was also true that my community who did not want to get involved with the real world (society) was disgusted. I read a book on Snow ‘s “Two Cultures and Chemistry Revolution” and was laughing at the world of becoming an octopus.

Often we will appreciate your words.

Since I can be more closely with society alone, I can work more closely with the society, so I will explore the possibilities of art, aesthetics, philosophy and society to read society to some extent, so I thought and acted so. However, when deeply entering that community, there were also clusters trying to positively take part in real communities within that community. If you look closely at the community that seems to be a Takotobo at first glance, you also notice that there are diverse clusters.

If we say age 33 and say this as one maturity, I think whether the resolution of resolution to the community to which other people and other companies belongs has risen.

It is a pain that actually cuts out the organization by actually managing the organization, and often thinks about management in order to be self-employed. Trickle down talked about by HNWI who had read Uchida tree halfway, I was convinced that it should raise the corporate tax even more, but this has also come to be seen from a different perspective again . Recently I have increased opportunities for managers to be in contact with business owners thanks to BTC, I was able to gain a viewpoint of doubt as to assert only the rights of labor unions and abandoning my obligation. Indeed, when you look at Youtube of the union, if you say so far, you see it, w, you often think that you wake up the company and watch it. From the people who took risks, the viewpoint that the weak are robbing the honey was fresh. This is also one truth, it is true that there is truth of the weak in the weak. I got a little courage that I can move with my truth with my resolution. There are truths of each, really in the world. Christie who has experience of blowing away his own truth in a blink of an eye. It is Sotheby’s.

This is mature, when people mature, they understand the classics in a true sense. World literature, world philosophy system, Japanese literature, I read everything before Mr. Ikesawa Natsuki’s reedition, but I realized what I had not been able to read at all.

It is a picture taken at the peak of bubble at bay coat. Immediately after this the bubble collapses. It is a foolish idiot.

I do not think that there is a loss by basic knowledge and experiences of young umpread reading, but when it matures, it is time to truly come to mind, and that knowledge will become genuine wisdom when reading at that time Finally I realized. I am really embarrassed because I am experiencing misunderstanding because I am aware that it is understanding, because now I am imposing a word to be named as finished with an aesthetics of aesthetics, so I have a precise meaning I will have it here and use it. I think that it was not just a rhetoric, but I truly realized it.

To read a book, to understand while reading. Careful reading, fast reading are not very meaningful to me. It was a great harvest that I noticed that I changed the form from my young reading. For me now, the necessary reading is the enlightenment reading, that is, the reading (garging).

I myself blown my annual income in Loss cut by BTC / FX in a moment,

I read and understood the “teachings of the Jewish millionaires” in the true sense.

Thanks to you I got Millionaire Mentality.

Paa aa ah ~ ~ ~! Millionaire mentality

Tokyo Baycourt Club

I ignored the advice of the surroundings, ignored the surrounding advice, I myself blew off all the property in one shot by BTC / FX,

I have read the “thesis” in a true sense.

Thanks to you, I was able to carve my squeezer into a note of my heart.

Always covers filled

There was no sentence, from there, further rebuilding, I was a big idiot who blew off the 500,000 yen borrowed by my bride by BTC / FX,

Besides, even though bit coins are gone, my daughter-in-law called me.

I saw Natsume Soseki’s “gate” in a true meaning.

Therefore, I first learned the meaning of the classic to be read and read. It blisters for the glooming one. And the more we can offer that experience, the more that classic will be handed down for a longer time. It is the selection of time that is the only way to hand down the shining experiences, which is classical.

In the past ten years, myself who had been regarded as a classicist still could not catch the meaning of the classic yet firmly. With this, I feel that my understanding of the classics has deepened.

Also, the number of friends in the cryptographic currency area has increased, and as a rookie that has been delayed, asset management at Kotokoto BTC is being carried out. I have 0.0141421356 BTC right now. I purchase it by 0.00001 every day. It is the dollar cost average method.

What you want to protect is not just skill, it also applies to status, fame, family. When you can see that of others, you can see the weakness of that person. Most of the people who are making noise are now mistakenly judged due to the weakness of the general person, the appearance that they are correcting it without admitting the weakness is stained more dirty It is said that.

Because everyone thinks that I am Eichmann myself as an Eichmann of Jerusalem, I keep silence. I think that the next Eichmann is me, so I will not do my best to throw stones to people.

33 years old, it is aged old man at last. FF 6, the child who was doing the chrono trigger in real time became an old man. From your older brother to your uncle. I wonder if there are sandy paradoxes here. Because all the surrounding communities are young, I can also be seen very young. As art people do not get much stress, cells may be stress-free and young people may be more!

 

Among 33-year-olds, it is possible for both of them to be compatible, none of them are protected, Ikkyoseunzumi, self-depressed teacher, Zen, Boris · Groy, Plato, Kant, Matsuo Daigaku, BTC, Tsukasu, It may be because it is becoming my area. As a researcher, has it exceeded the rule of 10,000 hours as an artist? People may become respectful to others when they find the things they want to do and guidelines to live.

Even if it is not clear, people who know the direction to go have a feeling that they can be kind to others as long as they are in the lepros.

Tamori told me that I will not reflect. Mr. Hideo Kobayashi said that I am stupid so I will not regret. As usual every single day of sexual harassment, I myself learn from them, I think that I would like to be a human being who does not reflect after all today. Since I am stupid, I watch the second half of SUITS’s first season after watching a Polanski movie while eating Pinkey today wine with polyphenol in a baccarat glass and today I will further recharge the attitude of non-poly shops.

Recently, really recently, staying at that place as it is. This has made me feel like a way of life I should aim for.

 

Two-headed rug

 

Talking with friends and seniors, most people always talk about their own way in drinking seats. A story about my future surely comes out somewhere. Because I am told by a lot of people, I thought that it might be better to show it in concrete form to show something, or not, that I should not really be like this, I have conversed with an unexpected freedom person status permitted by him. However, each time you are asked how you will eat in a set. By the time I was in NY, I never asked for an artist, nor did I do anything like a clan of eating. It is often said that in Japan it is a profession that sustaining eating is a profession, and that occupation only regulates that person, it is thought that you are living in such a zeitgeist world.

What I want to become, in the future, I think that people who visit it surely may not be my future, but I think that my future may be uneasy. It’s okay. I am also anxious, so I’m listening to your future. I’m sorry that I always ask questions back in a question-answering method like Socrates.

Nonetheless, even if it is to apply such anxiety, it is a fact that it is thankful for that. Thanks to BTC, we deposit it into overseas time deposit with a yield of 10%, secure 10 million yen in annual income and 2 million yen in taxes, so that the day will come to live at 8 million yen a year will come to the near future so economic Whether there is no worry, it is human task to pursue your own figure.

To continue to stay in place as it is. This is what makes me feel like a way of life I should aim for.

An ass like Greek sculpture

 

My dream, the goal, that is to live with a cat and a daughter-in-law with a cat-friendly town, in fact, it has already come true.

After that, I am satisfied with this as long as I can keep keeping this until I die. That’s right, I already have my dream come true, so I’m worried about what I am going to do now is to talk about recent problems. Every day is too happy and it makes me worried, so I want to keep this happiness as humble as the last thing I want to be the nearest and it is in the future. So, listening to the future for me is not very constructive.

To continue to stay in place as it is. This is the way of life I should aim for.

 

 

I was 33 years old like this. Thank you very much for those who gave us a celebration message. To be able to bless a lot of people, indeed, after all, I’m happy with my holiday. It is refreshing sofuran. Every day, I am only trying to destroy the timeline with the activities of the Japan Usokitsuki club, but I do not have the mind to return myself, so if you think it is awkward, I will depress follow up on the setting in the upper right, I’d appreciate seeing you again.

Thanks to you all, I think that it is really. It is a pity. True lineup.

We appreciate your continued guidance and encouragement in the future.

May 22, Heisei Ichinose

 

自分へのご褒美にフェラーリを買いました!と友人から借りて、虚勢を張って言って見るのが子どもの頃からの夢でした!

またひとつ甘栗むいちゃったように、夢が叶っちゃいました!

 

さてさて、ネタはここまでにして、みなさん、誕生日お祝いのメッセージありがとうございました!

変なことしか呟かない自分を気にかけてくださりありがとうございます!やっぱり、メッセージをいただけるとうれしいものですね!

ついに小学生の頃、リアルタイムでワンピースを読んでいた少年もロロノア・ゾロ目な歳になりました。ゾロと聞けば、かいけつゾロリよりも、快傑ゾロ、さらにはカイジ・エスポワール号編のゾロ目のハンチョウを思い出す方がしっくりくる年頃になりました。

学問や芸能界の巨星たちが連日、墜ちるのをみながら、昨晩も涼をとりながら月をみておりました。諸葛亮孔明のようにうちわを仰ぎながら、またひとつ、今日も雪路が逝ったか。と遠い目をしている中二病は相変わらずです。

 

嫁と近所の高級ジムにて

30を過ぎてから、つくづく自分が何者でもない、ということを痛感する日々を送ってきましたが、最近、ここにきて徐々に自分の生き方を少しづつではありますが肯定できてきたような気がします。弁護士や医者、投資家の友人たちのスキルにおののきながら、俺、なんもねぇ…と思う日々が多々あったのですが、しかし、友人たちからしてみると、結構自分もそれなりにスキルがついてきているように見えるというのです。友人たちも、自分のことをまだまだだと言っていて、そんだけスキルあって、どれだけ謙虚なんだよ、と思わされたのですが、本音で言ってくれているようでした。石の上にも3年ではないですが、アートワールドに長い間身をおいているため、それなりにアートの空気を体現できるようになってきたのかなと思う今日、この頃の誕生日なのです。

 

最近、ちょっとだけ世の中が昔と違って見えています。それは、その人の守りたいものが見えるというものです。

 

それは、ある意味で人への敬意がふつふつと湧いてくるということです。これは、これまでの自分にはなかった視点です。そのリスペクトの震源地は、おそらく相手へのスキルへの眼差しです。これまで自分には、特に、これなら負けない、これだけは領域として何としても守りきるぞ、といったモノはありませんでした。しかし、最近、研究室でゲームをするようになりゲーム仲間である研究室の助手さんと話す機会がめちゃめちゃ増え、人にはそれぞれ守りたいもの、譲れないものがあるということを知りました。かつ、そういう者を持っている人はかっこいいとも思うようになりました。それぞれの領域や正義は違えど、それぞれの道に信念を持って進むことのかっこよさというものをしみじみと感じる今日この頃です。ちなみに助手さんの場合はゲームと明晰さが譲れないテリトリーでした。

 

本当にここ最近、自分の言葉づかいのゆるさ、甘さ、論文としての形式など、諸々のアカデミズムの作法を一から叩き込まれています。ひょっとしたらそれは学部の段階で学ぶべきものだったのかもしれません、しかしながら、それはそれで博士課程になった今だからこそ、それが自分にとって本当に必要なことであるとわかってきたからこそ沁みる情報なのだと思ってます。

 

毎日、教授や助手からパワパワガールズ的なアカデミックスーパーパワハラ的会心の一撃、ならぬクリティカルな痛恨の一撃の論文指導を受けています。ミラクル全開パワパワパワ~(ドラゴンボールZのエンディング曲です)

 

最近、15年前に読んだプラトンをひっくり返して読み返してます。プラトンを読め、という助手さんからのアドバイスを真摯に受けとめたからです。今まで8年間、美学のことに関しては指導教員や助手、また美学関係者の意見に聞く耳を持たなかった自分が聞いているのです。それも真摯に。明日は雨どころか、あられ、いやいや西城秀樹が死ぬんじゃないか、と言われたこともあります。

今、『メノン』を読んでいます。徳についての話なのですが、これがまた、沁みるのです。哲学と聞いたときに、思い浮かべる顔、イメージ、表象…カント、ヘーゲル、ヒューム、デューイ、ヴィトゲンシュタイン、アリストテレス、コリングウッド…

最近まで自分はこうした哲学者を時代遅れのしなびた知識。ダサい童貞研究者のおっさんたちの食い扶持を提供しているだけの空虚で衒学的で、ともすれば経済的にまったく無意味な存在、自民党が人文学予算をゴリゴリ削っていくのもあながち間違いじゃないのかな、なぁんて思っており、その確信を持って大学教授や教員、助手、関係者を批判してきました。美学も哲学もアートも、世界の悲しみを救うのに何も貢献していないじゃないか!と、文学でお腹が減って病気の子どもを救えるのか?アートは単なる余暇で贅沢品なのでは?…とまでは行かずとも、実世間(社会)に対して関わりを持とうとしない自らのコミュニティーに嫌気がさしていたのも事実でした。スノーの『二つの文化と化学革命』を読んで、蛸壺化する世界を嘲笑っておりました。

 

ありがたいお言葉をしばしばいただきます。

 

自分だけでも社会とより密接に啓蒙主義的でもいいから社会をある程度リーディングする美学や哲学、アートの可能性を探求して行こう、そう思って活動してきました。しかし、深くそのコミュニティーに入っていった時、そのコミュニティー内でも実社会との関わりを積極的に持っていこうとするクラスタもありました。それは一見するとタコツボ化しているかのように見えるコミュニティーにもよく見れば、多様なクラスタがあることにも気づきました。

齢33を迎え、これをひとつの成熟というならば、他者や他社の属するコミュニティーに対する分解能の解像度が上がったのかなと思います。

実際に組織の運営をしてみて馬謖を切る辛さであったり、自営するために経営について考えることもしばしばあります。これまで内田樹を中途半端に読んでいたため富裕層が語るトリクルダウンは嘘っぱち、法人税をもっと引き上げるべきだ、と思い込んでいましたが、これもまた違った視点から見られるようになりました。最近はBTCのおかげさまで経営者の方と接する機会も増え、労働組合の権利だけを主張し、義務を放棄しているのでは疑惑の視点も得ることができました。実際、労組のYoutubeを見てみると、そこまでいうなら、お前がやって見ろw、お前が会社を起こして見たらどうだ、と思うこともしばしばあります。リスクをとって動いた者たちから、弱者がその蜜を奪い取っているという視点は新鮮でした。これもまたひとつの真理であり、弱者には弱者の真理があるのも事実でしょう。わたしはわたしの分解能でわたしなりの真理で動いていっていいのだと、ちょっとした勇気をもらいました。世界には本当に、それぞれの真理があります。自分の真理なんて一瞬で吹っ飛ぶ経験がありまくりなクリスティーです。サザビーズです。

 

これが成熟であり、人は、成熟した時、本当の意味で古典を理解します。世界文学や世界哲学体系、日本文学は池澤夏樹さんの再編集以前のすべてを読んだ私ですが、まったくもって読めていなかったことに気づかされたのです。

 

ベイコートにてバブルの絶頂時に撮った写真です。この後すぐにバブルは崩壊。つくづく阿呆な男です。

 

基礎知識や若い頃の乱読体験はしておいて損はないとは思いますが、それが成熟して、本当に沁みる時がきて、その時に読むとその知識は本物の知恵になる、ということをついに悟りました。悟る、ということを中二病出あるがゆえに、使いまくっていた自分が本当に恥ずかしいですが、いまのわたしは美学者のはしくれとついに名乗れる言葉づかいを自分に課していますから、厳密な意味を持ってここで使わせていただきます。単なるレトリックではなく、本当に悟ったと思います。

本を読むとは、悟りながら読むこと。精読、速読はわたしにとってあまり意味はありません。若い頃の読書からフォームを変えたことに気づいたことは大いなる収穫でした。わたしにとっていま、必要な読書とは、悟る読書、すなわち悟読(ごどく)なのです。

 

BTC/FXによるロスカットで年収を一瞬で吹っ飛ばした自分、

『ユダヤ人大富豪の教え』を本当の意味で読み、悟読しました。

おかげさまでミリオネア・メンタリティーを修得しました。

 

パァアアアア〜〜〜!ミリオネア・メンタリティー

東京ベイコート倶楽部

欲をかき周囲の忠告を無視し、BTC/FXによる一発勝負で全財産を一瞬で吹っ飛ばした自分、

『論語』を本当の意味で悟読しました。

おかげさまで、宥座之器を心のノートに刻むことができました。

 

満ちたものは必ず覆る

一文無しになり、そこから、さらに形成逆転をかけ、嫁に借りた50万円をBTC/FXにより吹っ飛ばした大馬鹿者の自分、

それに対して、ビットコインはなくなっても、わたしがおるよ、と声をかけてくれた嫁。

夏目漱石『門』を本当の意味で悟読しました。

 

 

あと一歩のところで広尾在住に手が届いたのですが、バブル崩壊に耐えきれずロスカット。足立区へ引っ越しです。分相応を超えた生活レベルは破滅への第一歩。フランス革命の頃の貴族のように、私は坂道コロコロ、破滅へのロンドを踊っていたのです。今から考えてみても何と恥ずかしいことなのでしょうか。 年収150万円で銀座や麻布十番に入り浸ってはいけないのです。 一生ものの黒歴史を背負ってまいります。そんな中、落ち込む私をぶり子さんが励ましてくれました。ビットコインはなくなっても、私がおるよ。そう、私はなにひとつ失っていなかったのです。都落ち。足立区で新たな生活がはじまります。裸一貫成り上がりの再出発です(厳密にはゆうちょ銀行の預金口座に12452円残っております)。 どんどんどん どんどんどんまい 肉食べよ #いっちー俳句 #億葉集 #どんどん #足立区 #広尾在住 #焼肉 #梅島

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

それゆえに読み継がれる古典の意味を初めて知りました。沁みるものにとっては沁みる。そしてその体験を多く提供できればできるほどその古典はより長く語り継がれて行くわけです。その沁みる体験の語り継がれこそが、時の淘汰であり、それが古典というものなのです。

これまで十数年間、古典主義者と名乗っていた自分もまだ古典の意味をしっかりととらえきれておりませんでした。これで一歩、古典に対する理解が深まったような気がします。

また暗号通貨界隈の友人も増え、遅れてきたルーキーとしてコツコツBTCでの資産運用を行なっております。いま、0.0141421356BTCを持っています。毎日、0.00001ずつ買い増ししております。ドルコスト平均法というものです。

 

 

守りたいものは、何もスキルだけではなく、それは地位や名声、家族でも当てはまります。他者のそれが見える時、その人間の弱さも見えます。いま、世間を騒がせているたいていのものは、一般的な人の弱さゆえに間違った判断を下してしまい、弱さを認めぬまま、それを取り繕っている姿をが、さらに汚く見えて叩かれるというものです。

誰しもがイェルサレムのアイヒマンだとわたしはわたし自身がアイヒマンだと思っているので、沈黙を守っています。次のアイヒマンはわたしだと思っているので、人に石を投げることは極力しません。

33歳、ついにおっさんっぽい年齢です。FF6を、クロノトリガーをリアルタイムでやっていた子どもがおっさんになってきたのです。お兄さんから、おじさんへ。砂山のパラドクスはここらへんにあるのではないでしょうか。周りのコミュニティーが皆若いので、自分もめっちゃ若く見られます。アート系の人たちはあまりストレスがかからない分、細胞もストレスフリーで若い人が多いのかもしれせんね!

 

33歳のわたしの中では、一休宗純自堕落先生、禅、ボリス・グロイス、プラトン、カント、松尾大、BTC、チンカス、そしてぶり子さんのそのどれもが両立可能で、どれも守りきらねばならない自分の領域になりつつあるからなのかもしれません。研究者として、アーティストとして1万時間の法則を超えてきたからでしょうか。自分のやりたいことや生きる指針を発見できた時、人は他者に敬意を持つようになるのかもしれません。

また明確ではなくとも五里霧中であれ、進むべき方向を知った人間はそれだけ人に優しくなれるような気もしています。

タモリさんが、俺は反省しない、という旨をおっしゃっていました。小林秀雄さんも僕はバカだから反省なぞしないとおっしゃっていました。相変わらずいたるところでセクハラ三昧の毎日ですが、ぼくも彼らを見習って、やっぱり反省しない人間でいたいと思う今日この頃です。僕はバカだからバカラのグラスで今日もポリフェノール入ったワインをポリンキーを食べながら、ポランスキーの映画見た後、SUITSのファーストシーズンの後半を見て、ノンポリ的余裕派の態度を一層涵養させます。

最近、本当に最近、ありのままの自分でその場所に居続けること。これこそがわたしが目指すべき生き方のような気がしてきました。

 

双頭のぬこ

 

友人や諸氏先輩方とお話ししますと、飲みの席ではたいてい、いつも、自分の生きる道の話になります。わたしの将来についての話が必ずどこかで出るのです。わたしもたくさんの人から言われるものですから、わたしなりに本当にこのままではいけないのではないか、何か、具体的なかたちに示してわかりやすくしたほうがいいのではないかと思い、アーティストというある種社会的に許される無職の自由人ステータスをちらつかせながら会話を交わしてきました。しかし、その度ごとに、ではどのように食べて行くのかともセットで聞かれます。N.Y.にいる頃にはアーティストと名乗るだけで食い扶持の藩士をすることは一切ありませんでした。ここ日本だと食い扶持というものが職業で、職業こそがその人間を規定するのだと、そういうツァイトガイストな世間に自分は生きているんだなと思わされることが多々あります。

なりたいもの、将来、きっとわたしにそれを訪ねてくる人はわたしの将来ではなく、自分の将来が不安なのかもしれないと思います。大丈夫です。わたしも不安ですから、あなたの将来を聞いています。ソクラテスのような問答法でいつも、質問を質問で返してばかりいてすみません。

とはいえ、そうした自分の不安への当て付けであったとしても、それはそれでありがたいのも事実です。たとえBTCのおかげで利回り10パーセントの海外の定期預金に預け入れて、年収1000万円、税金200万円をしっかり収めて、年800万円で生きれるようになる日が近未来にくるので経済的な心配はないにせよ、自分のあるべき姿を追い求めるのは人間の課題でもあります。

ありのままの自分でその場所に居続けること。これこそがわたしが目指すべき生き方のような気がふつふつとしてきます。

ギリシア彫刻のようなおしり

 

わたしの夢、目標、それは、猫にやさしいまちで猫と嫁と暮らすことなので、実は、すでに叶っています。

あとは、このまま、これを死ぬまで維持し続けられればそれで満足なのです。そうなのです、わたしはすでに夢をかなえてしまっているので、さてどうしようかと思っているのが最近の悩みといえば悩みです。毎日が幸せすぎてヤバいので、この幸せを謙虚なままに持続させていこうというのが直近のなりたいものであり、将来であります。だから、わたしに将来を聞くのはあまり建設的ではありません。

ありのままの自分でその場所に居続けること。これこそがわたしが目指すべき生き方なのです。

 

 

こんな感じで33歳を迎えました。お祝いのメッセージを下さった方々、本当にありがとうございました。たくさんの方に祝福してもらえること、やっぱ、めっちゃ、ホリデーでうれしいです。爽やかソフランです。毎日、日本ウソツキクラブの活動ばかりしてタイムラインを荒らしてばかりですが、こんな自分を帰る気は毛頭ありませんので、うざいと思われましたら、右上の設定のフォローを外す、を押していただき、時折、またチラ見していただければ幸いです。

みなさまのおかげで本当に今があると思ってます。ガチです。本当なんすわ。

 

今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
 

 

平成29年5月22日 一ノ瀬健太

 

Culture You!あ~、世界ってほんと美(たの)しい

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA