Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

でぶ猫さくら

でぶ猫サクラ

でぶ猫サクラ

年末のんびりしていたら近所の猫が玄関に遊びに来たので部屋に入れたった。

か、、、かわいい!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

やっぱ、猫ってかわいい!この頃はまだ愛猫みゃーちゃんも生きていたのだなぁ(T_T)と思うとまた感慨もひとしおである。出かける前に、ちょっと具合悪い感じだったけれども、まぁ、いつものことであったし、二、三日して、帰るからと帰省したわけであるが、まぁ、それでも、おじいちゃん猫だから、これが最期の別れになるかと、万が一もと、備えて、みゃーを抱っこして、お気に入りの椅子に腰掛け、ずーっとみゃーが腕の中であかちゃん抱っこのまま、俺の顔をじーっと見つめる時間をかれこれ10分くらい過ごして、なんか、みゃーちゃん、今日よく俺の顔見るなぁ、と思って、一緒に寝たわけであるが、まさか、それが最期の別れになって、死に目を見れなかったのは心残りであったのだが、まぁ、正直、死に目を見なくてよかったな、という自分もいるが、やっぱり、見たほうがよかったなぁ、とやっぱり思っている。

帰ってから死後硬直の概念を忘れていた家人たちに代わって俺が固まって目が開いたままでw舌をだしっぱで、手がなんか曲がってて、総じて化け猫みたいになっている形(なり)を直し、綺麗しに、汚れた身体中を重曹をつけた水で拭いてやった。

は!Σ(・□・;)今はサクラちゃんと呼ばれる猫の話だ。こいつはデブ猫。みゃーちゃんに少しでもその体重をわけてやりたいなぁ、なんて思ってた時の動画です。

 

やっぱ、みゃーちゃんと違って、若くて、口の周りもめちゃ綺麗で、太ってて、肉球もめっちゃ綺麗で、ほんとみゃーちゃんと比較すればするほど、天から愛されたような猫だwみゃーちゃんが基準になればどの猫もそんな風な比較結果になるのかもしれない、というか、そうだw

みゃーちゃんは天下無双のブサイク猫やったね。あいしとーよ、みゃーちゃん。みゃーちゃんは、今日、骨になった。綺麗な綺麗なまっしろな骨になった。あまりに綺麗に骨が並べられすぎて、心の中で標本か!wと突っ込んでしまったくらいだ。みゃーちゃんの死に悲しむどころか、骨の解剖学的な美しさと解説に夢中になり、みゃーちゃんの死そっちのけになってしまったw

でぶ猫サクラは、体を舐める時も面倒がって体を起こさないようだ。マツコデラックスのような体つき。昔は、部屋中の棚にぴょんぴょん乗っては降ろされ乗っては降ろされを繰り返していたけれども、今回の帰省では、棚に乗ったりもしなかった。きっと体が重いせいなのだろう。

しかし、のんびりとくつろぐ姿は眼福である。

越後スター、いっちー




お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA