Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

家庭内でできる最強の教育とは?

教育とは何ぞや?

教育とは何ぞや?

この記事のまとめ:

 

受験勉強に関しては受験勉強に特化した参考書を丸暗記するのがもっとも効率がいい。しかし、受験勉強や五教科の先になる広大な学問の楽しみを教えながら教育ができたら、それはとても素晴らしいことだし、何より教育とはそうあるべきなのだ!

 

 

 

東洋経済オンラインでこんな記事を見つけたった!

 

高校も塾も行かずに合格! 京大3兄弟の秘密

家庭内でできる“最強の教育”とは何か

 

探求学者という塾である。これは素晴らしい!!!自分も藝塾という塾を主宰しているが、まさにこの塾と同じことをやっている。時代的にもすでにこの流れが本格化していくだろう。すでにセンター試験も数年したら全く違うものになるだろう。

tanQ family

この探求学者という塾は、数学を教えるのにNHKスペシャルの「リーマン予想」を視聴させ、その後君たちがガウスだったらどうする?や一億円の数学の問題を解く当事者の気持ちにさせるなど、やる気を自発的に起こさせるインセンティブ教育を実践している。

 

素晴らしい!実に素晴らしい!この塾があれば藝塾は閉鎖しても大丈夫そうだw。

 

基本的に、おいらが教育に関して言えることはたったひとことである。

 

それは、お天道様に胸を張れる生き方をしろ。

 

これのみである。

 

あとは、それぞれの方法論の違いに過ぎない。とはいえ、そこは勉強、もちろんやり方はあるが、結局は教師との出会いと本人のモチベ、これが勉強で一番大事なことである。

 

そして、ある目標を設定する受験勉強に関しては、対応策がある。それは結局決まった分量をやることである、決まった分量の問題をそつなく解けることである。そのために結局は当人のモチベ、すなわちやる気に行き着く。

 

そのモチベーションは結局当人の好奇心に由来する。目の前に垂れ下がった人参で頑張るには限界がある。大学に入ってスーパーフリーのようなサークルで遊びまくりたいという願望を持っている奴はそもそもで怠け者で楽して徳を取ろうというゲス野郎だから、そもそもで有名大学には受からない、と言いたいのだけれども、結局、人生とは残酷なものでそういう奴が意外にたくさん受かってしまう。

学問の不思議、センスオブワンダーを感じさせながら教えることのできる教師は素晴らしい。

 

憂国の士は現今の試験システムでは彼らに負けてしまうらしい。それは俺が数学的帰納法を用いて証明したから間違いない。

 

しかし、たったひとつだけ指摘しておきたいかなぁ、と思うのは、決して間違いではないのだが、これは俺の経験則からの話だが、結局”受験勉強”に関する限りは受験参考書の丸暗記に尽きるということだ。

 

もちろん、モチベーションを上げるために、センスオブワンダー、世界のゾクゾクワクワクを紹介するのは正しい。しかし、それのみを通じて世界史を教えたり化学を教えたりすると根本がグダグダになりかねない。

かくいう私自身が被験者になったからわかるのだ。というのも、おいらは世界史を塩野七生を読んで勉強した。司馬遼太郎を読んで日本史を勉強した。理科はニュートンを読みまくった。しかし、塩野七生を読んだからといって、センター世界史が解けるわけではない。ニュートンを読みまくったって、サイエンスを読んだからって、セルを読んだからって、サイエンティフィックアメリカを読みまくったからって、ヴァザーリの芸術家列伝を読みまくったからって、センター試験で9割とれるわけではないのだ。

 

確かに、俺はそのおかげでまがりなりの”教養”はついたかもしれないがその分、6浪することになったのも事実だ。効率の良さ、並びに自分をマネージメントする力を測るものが受験なのである。

 

その参考材料に五教科を使っているに過ぎない。体力で試験をつけたら差が如実に現れるが、勉強ならばもやしっ子だっていじめっ子にだって負けやしない。福沢諭吉はそれに気づき、富国強兵の元に万人に選挙権を与え、一身独立させたのだ。受験に関する限り、本質はそこにある。

 

それが今回の記事を見て思ったことだった。

 

代表の宝槻さんは、ビジネスの才能もあり部屋数もたくさんありそうだ。この教育方針なら是非とも成功して新しい松下村塾を作り上げていって欲しい!経営力のない自分はとっても尊敬である。

 

俺は、まぁ、のんびりたったふたりの塾生に今はベストを尽くすまでだ。藝塾も熟成不足で来年度からまだ続けられるか定かではないが、もし続けられなかった場合にはこの塾をオススメしようかしらん。

 

とはいえ、この目でしかりと授業風景を見ていないから、安易には進められない。しかし、すでに塾生にはメディアリテラシーの真髄を伝授し、彼もそれも使えるようになっているから心配はしていない。藍より出るは藍より青し。自分の未来を掴み取れ!

 

藝塾代表、一ノ瀬健太

 

 

 

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA