Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

クリッピングマスク!

クリッピングマスクの練習

クリッピングマスクの練習で描いてみました

本日の藝塾は、クリッピングマスクの使い方を伝授しました。

 

こんな塾で本当にいいのかと思う反面、こんな塾がやりたかったというのがやはり本音ではある。ご理解のある塾生、ご両親、そしてこうした塾ができる場所を与えてくれたオーナーさんに本当に恵まれたと思う。

 

さてさて、早速本日の内容です。

 

 

本日は、塾生のCDをiTunesに入れ、そのデータをiPhoneに移す作業から始めました。

 

CDをパソコンに入れてみたまでは良かったのですが、塾生のiPhoneがなんどやっても認識されません。なんでだ?と思って確認してみると、な、な、なんと、塾生の持ってきたUSBのコードが充電専用だったのです。なるほど!これじゃデータ転送できないわけだ。

 

とはいえ、ただでは起きないので、そこから、お気に入りプレイリストの作り方を教えました。七転び八起きですね。

 

さて、そこからが本日の課題です。今日は、フォトショップでも極めてよく使うクリッピングマスクの使い方です。クリッピングマスクとは、指定した範囲以外の場所では色を塗れなくなる裏技です。これができれば大抵の絵は描けるようになります。

 

これとグラデーションをマスターすれば、もはやあとは自分の足で歩いていけると言ってもいいでしょう。今日はそのイラストの極意であるクリッピングマスクを教えました。

 

 

 

名称未設定-2

 

うまるちゃんが上手く描けてますね。これは私が講義中に書いたものですが、塾生がクリッピングマスクの仕組みを理解し、口を塗ってくれました。理解の極めて早い塾生で教えるこっちもたじたじですwww

 

やはり若い感性というのは爆速です。素晴らしい!

 

レイヤー概念を教えつつ、何度も線画レイヤーに戻ってくるのが面倒ですが、急がば回れでしっかりと構造を作るようにと指導しました。

 

それにしてもiPad プロとスタイラスペンに触らせてもらいましたが、とてもすごい秋やすかったです。タイムラグが小さいのが素晴らしいと思いました。

 

あ〜、iPad プロ、買おうか、買うまいか、悩み中です!

 

来週は塾生とどのマンガ賞に出すか考えてみようかと思います。自分も共に成長できるようにマンガ賞を視野に入れ書いていきたいと思います。応援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

藝塾代表、一ノ瀬健太 拝

 

 

 

 

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA