Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

ブリコさんのドカ食いについていったよ

四文屋@秋葉原

四文屋@秋葉原

ブリコさんのドカ食いについていったよ

 

働き出して2年目を迎えたブリコさん、仕事を任されるようになり帰宅時間が夜の9~10時になってしまっています。ブラック企業!?なのではないかと心配しておりますが、とりあえずまだ精神的にはグロッキーにはなっていないみたいなので、まだまだ全然続ける気でいます。

その日は奇跡的に早く帰れる日だったので、たまには息抜きも大事と、最近行ってなかった秋葉原の四文屋にいくことにしました。

四文屋@秋葉原(Retty)

四文屋サラダはボリュームがあってしかも美味しいので、いつも行くと頼みます。

そして、ビールはサッポロの黒ラベルです。スターになりたいと思い、いつも飲みます。

オススメはレバーです。プリとした食感と深い味わいがやみつきになります。今日はごま塩レバーが新しく加わっていたので、注文しました。レバーにお弁当にかけるようなごま塩がかかっているのだろうと予測したのですが、来てみて驚いたのは、普通に白ゴマと塩とごま油がかかっていたことでした。それはそれでまぁ、美味しかったですw

HUB@秋葉原店

その後は帰ろうかと道すがら、歩いているとHUBがありました。いつも入ろうと思ってなんか、社会人がかっこよくて学生の時分はなんかちょっと引け目を感じて入りづらいところはあったのですが、社会人二年目もいることですから、思い切って入って”大人”デビューをしてみようと入ってみました。

おしゃれなイギリスパブでイギリス留学について語りました。

おしゃれなイギリスパブでイギリス留学について語りました。

チェルシーかグラスゴー、ケンブリッジ、オックスフォード、ロイヤルカレッジ、セントマーチン、どこに自分がふさわしいのか、自分のやりたいことは何か、時分は何になりたいのか、しっかりと”固め”て見極めてから留学したいと思います。

自分は王道のエールビールにしました。ブリコさんはアルコール度数がめっちゃ高いファムファタールを注文しました。もちろん、ピーナッツは僕のおごりです!えっへん!

のんびり、ほろ酔い気分で楽しむのも素敵ですね。決して経済的には裕福ではないですが、こういう幸せを享受できるのは本当にありがたいことです。

なにごとのおわしますをば知らねどもかたじけなさに涙こぼれて

…飲みながら詠まずにはいられませんでした。引用抜粋太朗、権威を借りすぎ、よく言われます。ですが、権威ではないんです。いいんです。最高なのです。真理を体現しています。モーツァルトに音符を入れることができないように、完成された歌は変に手を入れるよりもただ詠んだ方が良い時があるのです。美味しいビールを舌で転がしながら、饒舌なクオリアを楽しむことが私の趣味なのです。趣味であり仕事でありたい。

神田達磨@アメ横

アメ横の神田達磨

アメ横の神田達磨

さらに道すがら、まだまだ食べます。ブリコさん、神田達磨でクリームのたいやきを買いました。カリカリのたいやき周りのパリパリな部分がとても美味しいかったです。香ばしい香りとパリパリの部分と、中身のクリームが口中で交わるのが、後追いのハーモニーを感じさせてくれます。モチョモチョ・パリパリという甘い食感がとても好きです。

伝説のラーメン屋台

あ!

あ!

伝説のラーメン屋台だでてました!

伝説のラーメン屋台がでてました!

いつもあったりなかったり、あっても結構お腹いっぱいで食べたいと思いつつ素通りをしていましたが、今日は、なんだか、まだまだお腹が減っています。たい焼きを食べてもまだまだものたりません。

結局…

食べちゃいました。

にんにくラーメン、細麺でスープも出汁が取れていて、何よりこの上野駅というガード下で食べられることが最高のクオリアです。集団就職で長時間汽車に揺られ、たどり着いた華の都・東京、金の卵たちはここで何を思ったのでしょうか。そのことを考え、郷里の母を思いながら食べるラーメンの味はやっぱり、最高にもののあはれ味で最高でした。ブリコさんにはバレないように、汁と一緒に鼻水と涙も交わりながら汁完(スープも全部飲み干して完食すること)しました。

帰り道、耳をすませば聞こえて来ます。

アァ、上野駅。なんて素敵な歌なんでしょう。自分が引用ばっかりして、人の言葉で語るのも、いいものを伝えたいから。

むしろ自分は創作者でありつつも、ひょっとしたら、人類がたどり着いた精華のパス出しの方が性にあっているような気もします。スマホやテレビが泥棒してしまった古き良き文化の復興者たろうとしているのも事実です。

 

そんなことを考えながら、家路に着きました。

 

よく食べ、よく学び、よく眠り、よく働く。男の人生とはかくも甘美で苦いものなのですね。

 
けんちゃん団子
人生は続く…

 

 

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







Yonbun’ya @ Akihabara
It said about Brico’s burning eating

Mr. Brico celebrated its second year started to work, time to go home now to be entrusted with the work has ended up with 9:00 to 10 at night. Black companies! ? Such the the we are worried that, since the time being like a not yet become the groggy is still mentally, you have in mind to continue still at all.

Since that day was miraculously fast go home the day, and also important breather once in a while, we decided to go to a four-sentence shop in Akihabara had not gone recently.

Akihabara Yonbun’ya (Retty)

Since Yonbun’ya salad is yet delicious if there is a volume, you ask and always go.

And beer is the black label of Sapporo. I would like to be a star, I always drink.

Recommended is a lever. Will be addictive is texture and deep flavor that was the pre. Since the salt-and-pepper lever had joined new today, I ordered. I predicted that I wonder is taking salt and pepper, as applied to the lunch on the lever, but was surprised to try to come was to have taken the white sesame seeds and salt and sesame oil normally. It is Well with it, it was delicious w

Then of whether go home along the way, there was and is walking HUB. Something I think about to enter always, to cool the working people, but I had the place is hard to go to feel the students of the hour, minute, something a little drawing back, because is that you are also working people the second year, it entered the plunge “adult” I tried to enter to try to debut.

He spoke about the United Kingdom studying stylish British pub.
He spoke about the United Kingdom studying stylish British pub.
Chelsea or Glasgow, Cambridge, Oxford, the Royal College, St. Martin, where I myself worthy, what is it you want to do yourself, hour, minute, what to want to do or be, I want to study abroad since assess on firmly “hardening” .

His was the royal road of ale beer. Mr. Brico has ordered a hella high Femme Fatale is alcohol content. Of course, peanut is my treat! Ehhen!

Leisurely, It is also nice to enjoy in a tipsy mood. Is by no means wealthy economically, but is that really grateful to be able to enjoy such happiness.

I spilled tears Owashi you to be known Ne Domo Katajikena of everything

… Could not help but poems while drinking. Citation excerpt Taro, too borrowed the authority, it is often said. But, it does not in the authority. It’s fine. The best of you. It embodies the truth. So that it can not put a note in the Mozart, the completed song is there are times when even just be better poem than strange to put the hand. While rolling a tasty beer in the tongue, it is my hobby to enjoy the verbosity of qualia. Because I hobby, I will not let anyone complain said ~
Kanda Ameyoko Dharma
Further along the way, we eat still. Mr. Brico, I bought a Taiyaki of cream in Kanda Dharma. Crispy part of around Taiyaki crunchy is I bought very tasty. And the fragrant aroma and crispy part, the contents of the cream that intersect in the mouth is, makes you feel the harmony of catch-up. Sweet texture that Mochomocho-crisp is very like.

Ah!

I have not but ramen stalls of legend!
Or may not be present at all times, but I was a pass through while I would like to eat in a fairly full stomach even, today, somehow, has been reduced is still stomach. Not still also have enough of to eat Taiyaki.

After all …

 

We have to eat.

Garlic noodles, have soup also take the soup in a thin noodles, is above all qualia that is best eaten under guard that this Ueno Station. Rocked in a long period of time train in the population employment, it reached the flower of the capital, Tokyo, eggs our gold What I thought doing here. Thought of that, the taste of noodles to eat while I think the mother of his hometown after all, was the best in the Aware taste of the best things. Mr. so as not to Barre in Brico, was Shirukan while also fellowship runny nose and tears along with the juice (that eating soup even drank all End).

On the way back, I come to hear the Whisper of the Heart.

Oh, Ueno Station. What a such a wonderful song. I was just quoted, speak in the words of the people also, because I want to tell the good stuff.

Be yourself while there in the creator rather, perhaps, you also feel like those of the path out of Seika, which reached the human race has been in sex. Smartphone and TV is also true that trying to taro reconstruction’s good old culture you accidentally thief.

While thinking such a thing, we arrived to the way home.

Eat well, learn well, sleep well, work well. So it such sweet and bitter things also nuclear is a man of life.

 

 

 

 

コメント

  • コメントいただきありがとうございます!拙いところをお見せし恐縮でございますが、このような生き方もありだなと思っていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA