Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

茨城、普通にいい場所だった。

やって来ました!つくば駅!

初つくば駅です。来年6月の藝大美術館での展示に向け制作協力者の方と打ち合わせのためつくば駅にやって来ました。

科学リテラシー高い系のまち

何も見るところはないよ〜、とうかがっていました。茨城県の駅は基本的に取手駅のイメージがあるので、ややさびれた印象のイメージがありましたが、開けてびっくり玉手箱でした。

つくば駅!めっちゃリア充タウンでした!!!

 

理想的な郊外型都市です。駅近に複合的ショッピングモール、公園、美術館、図書館などの公共福祉インフラが整備されていて、つくばに国が作る学園研究都市の底力を見せられた気がしました。

以前から、つくばには東大関係者やドクターの学位取得者が住んでいる意識リアル高い系の民が住んでいると聞いていたのですが、それは確からしい情報だと思いました。

朝から行列のできる図書館

朝から行列のできる図書館

朝から図書館に行列ができ、車で走れば緑が整備されていて、とても過ごしやすそうな印象を持ちました。イクメンとして最近は育児に適した街に住みたいなとも考えていたので、街を見る目も自然と子育て特化型のまちに高印象を覚えます。

中でも感動したのは、未来への道です。

科学は人の幸福のために使われてこそ本物の科学であるということを感じました。アインシュタインの相対性理論は原爆のために使われるのでなく、私たちを温めてくれる光としてあるべきなのだと改めて再確認しました。

子どもの頃からこうした意識高いまちに住めば自然と子ども達の科学リテラシーも向上する気がします。

 

今、リテラシー教育が各分野から声高に叫ばれていますが、こうした意識高いまちに住むことが子どもや親にとってもデフォルトでリテラシーが身につくと思いました。お茶の間の人のリテラシーをメディアの力を使って変えるのではなく、まちそのものから人を変えていくことの可能性を見ました。とはいえ、そのまちを作っているのはそのまちに住む人なので、卵か鶏が先か議論に陥る可能性もありますね。

江崎玲於奈先生

江崎玲於奈先生

科学とはクリエイティブである。科学はあるべき姿を実証する。メディアは現実である。科学とは自然というメディアで表現するあるべき姿を発明するコンセプトアートである。

朝永振一郎と愛猫

朝永振一郎と愛猫

服を着せられている!寒かろうと行って着せさせてくれた人がいる、いいまちです。

服を着せられている!寒かろうと行って着せさせてくれた人がいる、いいまちです。

 

未来の台座、ここに自分の像が建てられるように頑張りたいですね!

未来の台座、ここに自分の像が建てられるように頑張りたいですね!

未来の台座から見た景色

未来の台座から見た景色

まぁ、普通でした。。

風土記の名所、石岡市へ

石岡市は獅子頭のお祭りで有名なまちです。宮平遺跡という縄文時代から続く遺跡があります。風土記の記述も常陸地方に関しては8割が奇跡的に残っており、古の歴史の確度が高い情報に満ちたまちです。

常陸国風土記

常陸国風土記(ひたちのくにふどき)は、奈良時代初期の713年和銅6年)に編纂され、721年養老5年)に成立した、常陸国(現在の茨城県の大部分)の地誌である。 口承的な説話の部分は変体の漢文体、歌は万葉仮名による和文体の表記による。(Wikipedia「常陸国風土記」より)

口の中ら見た景色

口の中ら見た景色

ここに奈良時代に政権の国府があったのですね。想像してみると豊かな気持ちになります。ここで生き愛し死んだ人たちがいた。今と変わらぬ人間の本質に触れられます。死んだ人の方が生者よりも雄弁で多くを語ることもあります。

宮平遺跡

宮平遺跡

あ、もしもしハッピーさんですか?

あ、もしもしハッピーさんですか?

都市伝説、ハッピーさんを思い出しました。髪型は縄文系です。

懐いwwww偽造してたいとこのお兄ちゃん、思い出したw

懐いwwww偽造してたいとこのお兄ちゃん、思い出したw

自然豊かな公園です。家族連れも多数。みなそれぞれにそれぞれの時間を過ごしていました。

自然豊かな公園です。家族連れも多数。みなそれぞれにそれぞれの時間を過ごしていました。

茨城は眠った土地です。関東最大の平野を持ち、ジャガイモからさつまいも、りんご、みかん、なんでも採れる最高に素敵な土地です。特産物として有名なものはそれほどありませんが、東京の胃袋を支えているのはまぎれもないこの茨城の平野です。茨城、もっとフォーカスが当たってもいいのになぁ、と思い、制作協力者に話したところ、このほっとかれてる感こそが茨城の魅力なのだ、と大変深いお言葉をいただきました。茨城、俺はお前のすごさをわかってるからな。これからもよろしくな!

 

…と言って茨城を後にしました。大変素敵な土地でした。

 

けんちゃん団子

 

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







 

It came! Tsukuba Station!

This is the first Tsukuba Station. I came to Tsukuba Station for people and the meeting of production collaborators towards the exhibition at the National University of Fine Arts and Music Museum in June next year.

Science literacy high system of city

What was also the – I do not, and asked where to look. Since the station in Ibaraki Prefecture is basically of Toride Station image, there was an image of a little deserted impression, was drilled surprised treasure box.

Tsukuba Station! Truly was the real life town! ! !

It is the ideal suburban city. Complex shopping mall to the train station near, parks, museums, have been public welfare infrastructure development, such as the library, I felt been showing underlying strength of the school and Research Park in Tsukuba.

Previously, the Tsukuba I had heard that live people of consciousness realistic high-based living is Tokyo University officials and a doctor of the Bachelor’s degree, but I think it’s probable information.

Library that can matrix from morning

Morning can matrix to the library from, be able to run in the car green has not been established, we have a very easy to spend likely impression. Since recently as Ikumen was thinking also I want to live in a city that is suitable for child-rearing, it is tend to give a high evaluation to the child-rearing specialized type of town with nature also eyes to see the city.

Among them, the impression was is the road to the future.

Science felt that what is used for the people’s happiness is a real science. Einstein’s theory of relativity is not to be used for the atomic bomb, was again re-confirmed if he such should be as us to warm us light.

Nature and children of science literacy if uninhabitable since I was a child in such a consciousness high city also is willing to improve.

Now, although literacy education has been vociferous from each field, literacy in default even for that children and parents living in these consciousness high town I thought that attaches to the body. Instead of changing the person of the living room, I saw the possibility of going to change the people from the town. However, because of making the city is a person who lives in the town, it eggs or chicken There is also a possibility of falling before or arguments.

Leo Esaki teacher
The science is creative. Science demonstrates the way it should be. Media is a reality. The science is an art to carve the way it should be to express in the media of nature.

Shinichiro Tomonaga and love cat
You are dressed! There are people who let me dress went intends Samukaro, is a good town.
Future of the pedestal, here I want to do my best so that my image is built!
Scenery viewed from the future of the pedestal
Well, it was common. .

Topography of the attractions, to Ishioka

Ishioka is a famous city in the festival of the lion head. There followed the ruins from the Jomon era Miyadaira ruins. Description of Topography also Hitachi has 80% left in the miraculous with respect to local, it is a town where the accuracy of the history is full of high information.

Hitachi Province Topography

Hitachi Province Fudoki (Kunifudoki of Hitachi) are compiled in the Nara period initial of 713 years (Wado 6 years), 721 years was established in (Yoro five years), Hitachi countries (most of the current of Ibaraki Prefecture) it is the topography. Chinese classics of the part of the oral tradition specific narrative is variant, the song by the representation of the Japanese body by man’yōgana. (From Wikipedia “Hitachi countries Fudoki”)

Medium we saw views of the mouth
So I had the Kokufu of administration in the Nara period here. When I imagine will be rich feeling. Were people who buy dead loved living here. It touched on the unchanging human nature and now. Those of dead people might also say much speak louder than the living.

Miyadaira ruins
Oh, Is Hello Happy’s?
Urban legend, I remembered the happy-san.

Drops wwww forged not want with this older brother, remembered w
Nature is rich park. Many families also. Mina had spent each time to each.
Ibaraki is a city that slept. Kanto has a maximum of plain, is a wonderful land from potato sweet potatoes, apples, oranges, the highest mined anything. It’s not famous as a very special product, but this Ibaraki plain unmistakable is Underpinning the Tokyo of the stomach. Ibaraki, Naa wish I also hit a more focus, I think, I was talking to a production co-workers, what feeling that this Hottoka is is he charm of Ibaraki, and we had a very deep your words. Ibaraki, I because I know thy greatness. Nice to meet in the future!

… To say was after the Ibaraki. It was very nice land.

Ken-chan dumpling

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA