Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

気仙沼をみてきました。(2/22)

文化庁のプロジェクトに合格し、文化芸術アソシエイツとして気仙沼を視察しました。
English Ver.

I passed the project of the Agency for Cultural Affairs and inspected Kesennuma as a cultural arts associate.
It is said that it is remembered that it was wrapped in fire due to the earthquake disaster.

I will visit again this weekend and enjoy the art program! After that, I will upload the compiled letters to my blog again.

Tomari, in the process, I felt something I felt. Please have a look.

I got a lot of hints from the local people to solve the party problem. No one is not a party. Everyone can talk about the Great East Japan Earthquake.

Kesennuma
A big giraffe
Head-to-Head
Izuko is the same
Dusk of spring

I am in Kesennuma. It may be the theme of the super-Owacon that was thought to be reconstructed at the time of the disaster, but what I can do for reconstruction and the future, I think I would like to work on it. Anyway, it also serves as the current status report. . . Regardless of where the huge heavy machinery is going to be, I will leave a sight of early spring that keeps heads together.

Locally
Because there is nothing
To Tokyo
I do not know Patri
Slaughter grass

A legendary booklet created with the coverage of local culture and tourism resources. Limited 5000 copies. Very detailed content was stated. I thought it would be nice to teach this at local elementary and junior high schools, even at high school!

Let’s say there was a child with a conscious high school who said that there is nothing in the locality of Kesennuma. You do not know anything about the local, do not you know the goodness of Tokyo? Without knowing the earth that nurtured you, what is Tokyo! Before becoming the Tokyo Cabblet, please do it well after making a little cabrera (Seibu Lions)! Such heavenless plants are not interested in Tokyo ‘s great people in the first place.

Kesennuma
Eat locally
Shirako?
Cuppa and stomach
Two more

Local production of local consumption. Eat at the place you caught. There is nothing more to come here than fresh from Tsukiji in Tokyo. Probably it is the best white birch in the world because I eat here. It seemed to be undecided too deliciously. Ochuru cheek, I thought that I want another one, two more stomach bags.

Return to the room
Look at Ittte Q
To be healed
This feeling of calm
Are you looking for afflicted areas … or not?

I thought that it is my art that is summarized now that it is merely a moment, a second, even 1 gram, of the world of melancholy, on television seen securing privacy and having fun than art work.

Sea and living
Dead everywhere in the sea
It’s life
A big fish is a diving
Bird high

I am in front of the station. When thinking that the tsunami came from the coast to this place, I did not think at the same time. I imagined that the tsunami came up to this point, imagined full-time operation of the leisureman’s imagine power, and then searched Google for a photo of the damage in front of the station. Considering that the adult of a daughter blows away with a tsunami of 1 meter, his feet, which is just a little bit, broke. To live with the sea, it is just cool to say, but behind it there is a vigorous preparedness.

To the approach
Unknown flower
Dying exclusive

I found a specialized flower withered in the approach of Kitano Shrine. The qualia that the girls’ likes are transmitted to Vivid.

In the precincts
Pro-like
I got a picture.
That’s right
It is already a professional

If you run along the road as imitating a madman, you are a madman. If you can take professional photos in the same way, you are a professional. A good picture was put on. There are times when a person can become a professional moment moment.

Ancestor’s
Collective knowledge
Mountain top
Treasures of Sumire
To defend

Self-defense. Raising children who can move themselves in extreme situations. No longer have any relationship with children or adults. Death to those who do not learn from the enormous sacrifices cultivated by our predecessors. To warmth for what you learn.

Even without the earthquake
The house collapses
Over time
Until then

It was like an old private house with a good feeling. I thought that I would like to live in an old private house with ultra-latest seismic isolation structure on the foundation, upper wall making. Money, it is important.

It’s a tsunami
Occasionally meet
Belly stain

While traveling in the city, a car like sand is moving, is it a tsunami? Although I also thought, something seems different, and because it was moving normally, I thought that it might be KOSAKI thing in this district.

In the countryside
Who is OK
Azumami
Kanpei 2 years
It is rainy in complementary colors

I’m coming to Ginja Temple. It is a venerable temple built in 890 in Kanpaira. Sakyamuni Buddha of Honjyo has plenty of places to see such as the Edo Mid-term work, the wooden liaison heaven and the octopus jizz. Hexagonal Kannondo is a rare style nationwide in Japanese-Western architecture based on Hakkodo. Tan painting and green of the back bamboo are reasonable contrasts Well, in the morning mist, beautiful, I, rainy Mr. Kanpei ‘s gag unexpectedly came out of the mouth unintentionally.

To the earthquake
I can not tell you
Frustrating
However, I knew
We are the parties

I have been seeing the disaster at the Rias Ark Museum of Art. Absurd. However, I was impressed by the words of Ms. Yamauchi who is a curator there. I gave him a glimpse of the role model I want to become. I felt like I gained enlightenment like Tutor Pantaka, saying that I am struggling seriously at the scene, not having to be told if it is not a partner is not 1 millimeter or 1 gram. Everything that was alive at the moment of the disaster is a party. So, I finally got to speak after 6 years’ date.

primary school
With haiku that I made
Fix the world

Elementary school students talked about harassing bullying in haiku. There were a lot of haiku people who wanted to solicit to the transcendent.

remember
Sour feeling
Female high school student

When I was a primary school student, I was talking about when the girls’ body was still bigger than us. It is likely that a lot of painful drama was born from this step.

Club end
Second from right
Good theory

The water you drink after club activities is great! I spent the baseball club at the time I had left a few remnants of the era when the very old Japanese military spiritualism was raging, saying that we should not drink water during club activities halfway. In the change of the football club and other club activities, the theory that the water from the second faucet from the right is the best is truly, the theory which the meaning is unknown already was in fashion. Of course, because I like premium water at any time, I only used the second from the right. There was nothing to be used no matter how crowded it was because of a theory that a child who was not exiled talked about his mouth.

Kesennuma
Anywhere in the country
Izuta ran

Elementary school in Kesennuma also had a rice cake. There is something in Kumamoto, Niigata that any elementary school students want to read. It is beyond the values ​​such as old new. The classics and people call it. The feelings of Toyota ‘s sincere grandfather, should be read throughout Japan all the time.

If Asahi
Ball slope
Repair

If the major media such as the Asahi Shimbun and the Mainichi Shimbun or the TV station shot this ball, it must have been “directing” the ball tilt. Media is an enemy! Rather than thinking that it is essential to do so, media theory starts. Boo Astin, fond w

Tsubasa-kun
Balls are friends
not scared

Ground (zero) If you see the children running around well, you will be healed.

Scratch marks
Dare to leave
Laura wiro

Do not wake the sleeping baby, do not cover the smelly one, it is no good. You must do trauma. Flashback, very much … well, I will not say that. But that’s when archiving memory. A reverence for nature is a trauma. People become people by remembering. Here the Deer elementary school has a tsunami of 1.4 meters. Do not forget. It is me who will come next.

Revival
No matter how many times
I want to inform
Wolf boy
Do not cry being told

If I say back to the past that the Black Leviathan will come, no one would have believed it. A wolf boy seems to be a boy with a wolf and only has to penetrate your name. The wolf boy should have polished more art.

Principal room
Invited VIP
I feel

I love this VIP treatment, but I feel strange at the same time feeling sorry at the bottom of my heart and it is a mysterious feeling. Like more dignified bureaucrats’ descendants, I have to think about that I am a VIP! I will not speak less than Professor Kozo! I will try to go with so much enthusiasm. Even so, this candy was very nice! It is! It is!

With inspection
Snack at the end of the field
If you do not go
Raw emotions
How do you know

Visit, inspection, inspection. It does not use its own feet, but flows from the next site to the next site with a door-to-door. So far! The tsunami came! In order to grasp the sense of distance that is also there are things that can not be seen unless it is walking. In order to know the real voice of the site really deeply, I have to go to the snack at the end of the session and have all you can drink and karaoke. The voice of the fisherman living in the sea and the woman waiting for it, the salad is good with broiled squid. Without it, it will not be a true inspection.

On a daily basis
A tea came out
Thankfulness

Somewhat recently, I feel really appreciative of being able to serve tea. I want to become more insensitive as a VIP. It’s natural to come out, it’s rather late! I’m! It is something I want to keep in mind. Tea, it was delicious. Thank you.

Test tube
Why tension
I’m going up

Although it is a mystery, it is a type whose tension rises when I look at a test tube.

Agency for Cultural Affairs
With young power
Country

One artist is independent and one country is independent. Survive. First off from there.

Saba stone
Kiefer Sutherland
Is 24

Kafer Sutherland, whose name is similar to Sabare stone. It is well known as the legendary Hollywood drama 24 Jack Bower. I was also a ronin era, I was doing monomonetics and diverging trending energy.

言わずもがな、震災で火災に包まれたと記憶しているあのまちです。

今週末にまた再訪しアートプログラムを楽しんできます!そのあとで、まとめた書簡をまたブログにアップしますね。

 

とりま、その過程で、感じたことなどを歌にしました。どうぞご覧ください。

 

現地の方々から、当事者性問題の解決のヒントをたくさんもらいました。当事者でない人はいないのです。誰だって、東日本大震災を語っていい。

 

 

 

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

気仙沼
大きなキリン
首並べ
いずこも同じ
春の夕暮れ

気仙沼に来ています。復興とこれからアートにできること、震災の時に考えられまくった超オワコンのテーマかもしれませんが、取り組んで見たいと思います。とりあえず、現状報告も兼ねて。。。巨大重機がどこにいっても頭を連ねている初春の光景を残しておきます。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

地元には
何もないから
東京へ
パトリも知らぬ
奴根無し草

地元の文化・観光資源を網羅されて作られた伝説の冊子。限定5000部。ものすごく詳しい内容が記載されておりました。これを地元の小学校・中学校、はては高校でも教えるといいと思いました!

気仙沼の地元には何もない、と語った意識高い系のこどもがいたとしましょう。君、いいかい、地元のことも知らないで東京の良さがわかるわけないだろ?お前を育んだ大地を知らずして、何が東京だ!東京カブレになる前にちんちんカブレラ(西武ライオンズ)してからいいなさい!そんな根無し草に東京の偉い方々はそもそも興味がありません。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

気仙沼
現地で食べる
白子かな
ほっぺと胃袋
あと2つあれ

地産地消。獲ったその場で食べる。東京の築地以上に新鮮なのはここにくるしかありません。おそらく、ここで食べるからこそ世界一の白子です。あまりに美味しく脱糞しそうになりました。おちるほっぺ、胃袋がもうひとつ、ふたつくらい欲しいと思いました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

部屋戻り
イッテQ見て
癒される
この落ち着き感
被災地求む …のではなかろうか?

アート作品よりも、プライバシーの確保と楽しんで見られるテレビで、憂き世を一瞬、一秒、1グラムでも、浮き世にすることこそ、今まとめられている私のアートなのだと思いました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

海と生き
海に死にゆる
命かな
大魚は潜り
鳥天高く

駅前にいます。海岸からここまで津波が来たのかと思うと、ととと、思えませんでした。ここまで津波が来たことを、イマジンして、暇人のイマジン力をフル稼働させて想像したのち、駅前の被害の写真をグーグルで検索しました。1メートルの津波でだいの大人は吹っ飛ぶことを考えると、ちょっとだけ今いる自分の足元がブルブルしました。海と生きる、言うだけかっこいいですが、その裏には猛烈な覚悟があるのです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

参道に
名も知らぬ花
枯れ専系

北野神社の参道で枯れ専系の花を見つけました。腐女子の好きそうなクオリアがビビッドに伝わって来ました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

境内で
プロっぽい
写真が撮れた
そうです
もう、プロなのです

狂人の真似とて大路を走らば狂人なり。それと同じようにプロの写真が撮れたら、あなたはプロなのです。うまい絵がかけた。人は瞬間瞬間プロになれる時があるのです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

先人の
集合知かな
山の上
憶良の宝
守らんために

自衛。極限状況で自ら動ける子どもを育てる。もはや、子どもとか大人とか関係ありません。これまでの先人たちが培ってきた膨大な犠牲に学ばぬ者には死を。学ぶものには温もりを。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

震災でなくとも
家は崩れる
時が経てば
それまで

いい感じの古民家っぽかったです。土台に超最新の免震構造、上は土壁作りの古民家に住みたいと思いました。お金、大事です。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

津波かな
時折出会う
腹汚れ

市内の移動中、砂をかぶったような車が動いていて、津波かな?とも思いましたが何か違うようでもあり、普通に動いていたので、この地方の黄砂的なものなのかなと思いました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

田舎だと
誰がいいしや
あずまみち
寛平2年
補色に雨ま

補陀寺に来ています。寛平2年(890)に創建された由緒あるお寺です。本尊の釈迦牟尼仏は江戸中期作、木食遼天、タコ地蔵など見どころがたくさんあります。六角観音堂は八角堂を基本とする和洋建築では全国でも珍しい様式です。丹塗りと後ろの竹の緑が程よいコントラストでそれはまぁ、朝靄の中で、美しく、私、雨まー、と間寛平さんのギャグが無意識で口から出てまいりました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

震災に
ついて語れぬ
もどかしさ
されど知りけり
われは当事者

リアスアーク美術館で震災の展示を見てきました。絶句。されど、そこで学芸員をされている山内さんの、ことばに感銘を受けました。私がなりたいロールモデルを彼に垣間見ました。現場で真摯に闘っている姿、当事者でなければ語れないなんてことは1ミリも1グラムもない、と言うことば、チュータパンタカのように悟りを得たような気持ちになりました。震災の瞬間に生きていたものたちすべてが当事者なのです。だから、わたしは6年の月日を経てやっと語ることを得たのです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

小学校
作った俳句で
世を直す

小学生がいじめ撲滅を俳句で語っておりました。超絶暇人に勧誘したい俳人がたくさんおりました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

思い出す
酸っぱい気持ち
女子高く

小学生のあの頃、女子の身体がまだ私たちよりも大きかった頃の話です。この段差から切ないドラマがたくさん生まれたことでしょう。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

部活終え
右から2番目
うまい説

部活を終えて飲む水は最高ですね!中途半端に部活中は水を飲んではいけないと言う超古い日本軍的な精神主義がまかり通っていた時代の名残を少し残していた時期に野球部を過ごしました。サッカー部や他の部活も着替える中で、右から2番目の蛇口から出る水が一番うまいと言うほんと、もう、意味わからない説が流行していました。もちろん、どんな時でも一流の水を好むわたしですから、右から2番目しか使いませんでした。一番左はいけけてない子が口をつけた説のせいでどんなに混んでいても使われることはありませんでした。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

気仙沼
全国どこも
豆太が走る

気仙沼の小学校にもモチモチの木はありました。熊本にも、新潟にもどこの小学校にもある読ませたい本というものがあるのです。それは、古い新しいといった価値観を超えたものなのです。それを古典と人は呼びます。豆太の真摯なおじいちゃんに対する気持ち、日本全国津々浦々読み継がれるべきものなのです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

朝日なら
ボールの傾き
直しけり

朝日新聞や毎日新聞などの大手メディアや、テレビ局がもしこのボールを撮影したならきっとボールの傾きを直し、“演出”したに違いありません。メディアは敵!…というよりも、本質的にそうならざるを得ないと考えることからメディア論はスタートします。ブーアスティン、懐いw

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

翼くん
ボールはともだち
こわくない

グラウンド(ゼロ)元気に走り回る子どもたちの姿を見ますと、癒されますなぁ。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

爪痕を
敢えて残して
らりるれろ

寝た子を起こすな、臭いものには蓋をする、ダメです。トラウマにしなければいけないのです。フラッシュバック、大いに結構…とまでは、言いません。しかし、記憶をアーカイブするとはそういうことです。自然への畏敬とはトラウマなのです。思い出すことによって人は人になるのです。ここ鹿折小学校は1.4メートルの津波が来ました。忘れてはいけません。次に来るのはわたしのところです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

リバイバル
何度してでも
知らせたい
狼少年
言われて泣くな

もし過去に戻って、黒きリヴァイアサンが来るぞと言っても誰も信じなかったでしょう。狼少年は狼少年らしく、君の名を貫き通すしかないのです。狼少年はもっと藝を磨くべきでした。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

校長室
招かれVIP
気分かな

このVIP待遇大好きなのですが、心の奥底に申し訳なさも同時に感じている自分がいて不思議な気分です。もっと堂々と官僚の天下りのように、わたしはVIPだと、思い込まねばならないのです!教頭先生未満とは喋らない!くらいな意気込みで行くようにします。それにしてもこのお菓子たち、めちゃめちゃうまかったです!!!

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

視察とて
場末のスナック
行かざれば
生喜怒哀楽
いかで知らんや

視察、視察、視察。それは自らの足を使わず、ドア・トゥー・ドアで次から次の現場へと流れていきます。ここまで!津波が来た!という距離感を掴むためにもやはり歩きでなければ見えてこないものあります。現場の生の声を本当に深く知るためには、場末のスナックに行って、飲み放題とカラオケをしなければなりません。海に生きる漁師の声とそれを待つ女、肴は炙ったイカでいいのです。それなくしては、真の視察とは言えないでしょう。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

いくたびに
お茶の出てくる
ありがたさ

なんか、最近、ほんと、お茶を出していただける、ありがたさを痛感します。もっとVIPとして鈍感になりたく思います。出て来て当たり前だろ、むしろ遅い!俺だぞ!という心意気でいきたいものです。お茶、美味しかったです。ありがとう。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

試験管
なぜかテンション
あがっちゃう

謎ですが、試験管を見るとテンションがあがっちゃうタイプです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

文化庁
若き力で
国興す

一芸術家独立して、一国独立す。生き抜く。まずはそこから。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

さざれ石
キーファー・サザーランド
は24

さざれ石に名前が似ているキーファー・サザーランド。あの伝説のハリウッドドラマ24のジャックバウアー役としてよく知られています。わたしも浪人時代はよく、モノマネをして鬱屈したエネルギーを発散しておりました。

けんちゃんだんご

Culture You!あ~、世界ってほんと美(たの)しい

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA