Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

iPad Proが欲しくなったった!

Air iPad Pro

Air iPad Pro

 

iPad Proが欲しくなってきた。

 

というのも、藝塾で教えている塾生が講師の俺よりもiPad Proを先にゲットしやがったからだ!クゥゥゥウ〜〜〜〜羨ましいぜ!しかもそいつはすでに絵がうまいときてる!こいつぁ、油断できねぇぜ。

しかし、それだけで揺らぐオイラじゃねぇ。

 

だが、今日、Twitterのタイムラインを見ていたら、こんなのが流れてくるじゃねぇか!

 

 

 

うぅ、、、

うらやま。。。

 

うらやましぃぃぃぃぃぃいいいいいいい!!!!!!!

 

 

 

惚れてまうやろ〜〜〜〜〜!!!

 

最近、「マサオくん」「みゃーさん」の連載が始まったことはっ知っておられるかもしれないが、そのネームを描いて、その写真を撮って、フェースブックに自分だけ閲覧できるようにして、それをフォトショップに入れて、薄くして、下絵描いてって、いうのがものすごくストレスになってて、マンガを一週間くらいお休みしている。

マクルーハンは Media is Message と語ったが、ペンタブを使ってパソコンのディスプレイに描くのと、風呂上がりにガウンを着ながら、シャルドネのワイン片手にリクライニングチェアーに深く腰をかけ、シャム猫を膝に乗せながら描くのとでは、シームレスさ、描きやすさ、言うなれば、やる気のスイッチ感が全く異なる気がする。

手間が多いのは面倒なのだ。このご時世、みんながめんどくさがりになっているのは自明だが、やはり、皆がメールからラインに入ってるのと同じように、いちいちメールの送信ボタンを押したり、メールが送られたか確認するための待ち時間にイライラしているのだ。みんなせっかちになっている。それは俺も同じで。ほんの少しすら待てなくなっている。

だから、絵を描くのに非常にシームレスにストレスなく描けるiPad Proが欲しいのだ!欲しいのだ!なんといっても欲しいのだ!そうしたら爆速で毎日連載できるのだ〜〜〜!

と言っている奴は、必ずいい道具を買っても書かないことを私は知っている。

手塚や赤塚の時代に比べたらベタ塗りもフォトショで範囲指定してチチンプイのプイプイ草で出来上がる(聖剣伝説2ネタ)。

 

その時代から比べれば格段に速い。速すぎる。ベタ塗りを経験したことのある俺だからわかる。ベタ塗りは地味に気を使う。地味にめっちゃ時間がかかる。計算を間違えると締め切り前に徹夜することになる。唯一の休憩がトイレの時間だけになる。

俺は気づいてる。みんな他の奴らがどうかは定かではないが、アップルのスタイラスペンを持ったからといって絵が上手くなるわけでもデザインセンスが向上するわけがない。

確かにこんなの見せられたら買いたくなってしまうやろw

 

とは言え、魅力的なiPad Pro 今はどこも売り切れというからますます欲しくなってくる。アップルは値引きしないから、買うなら早めがいいのかなぁ。いずれにせよ、他のペンタブも調べてみたけれども、どれも結構、10万円近くするのね。

 

さてさて、どうしようかなぁ。誰か勝手くんないかなぁwww

 

 

 

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA