Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

超絶暇人会・忘年会(12/24)

 
みなさん、超絶暇人活動してますか?

12月22日に浅草の十和田さんにて超絶暇人会の忘年会が開催されました。

全員日本最高クラスの超絶暇人アスリートたちです。各自が暇で暇で仕方ない、朝から新宿、上野で時間を持て余しまくっている中、一年の暇人活動と来年度における暇人活動の展望などを語り合いました。

最近、この活動が広く認められてきたのか、入会したいとおっしゃられる方が多数おられますが、暇人活動、通称、暇活をしたい!とそう思った時点で入会資格が発生いたします。その後は入団テストがあり、それをクリアすれば、晴れてあなたも超絶暇人会員となるわけです。

【暇活】とは…第7284代超絶暇人会・会長であった夏目漱石さんが提唱した活動です。芸術は暇がなければできたもんじゃない、という彼の言葉にインスピレーションを受けた寺田寅彦が、木曜会にて先生!先生のされている小説や俳句、短歌、水彩画、飲み会、釣り、ボーリング、旅行、などなどの芸術活動を【暇活】と名付けてみてはいかがでしょうか!という発想から、それ、いいね!もらったよ、と語ったことに由来します。

さて、入団テストはいたってシンプル。私たち暇人会の中で毎年認定される暇人会ソングの中からひとつの歌を選び、それを暗唱で歌い切るというものです。

今年のテーマソングは、怒髪天さんの『労働CALLING』でございました。本年度入会された会員の皆さまはこれを暗唱で歌うことができた猛者たちなのです。

 

今年も実に様々な事件がありましたね。とりわけ、暇人会で話題になったのは、ドナルド・トランプ旋風と電通の過労死自殺事件でした。

 

ドナルド・トランプ旋風

我らが支持するドナルド・トランプが勝利したことにより、私たちを縛る行き過ぎなポリコレからの解放が期待されます。ポリコレといえば、最近すぐに炎上する事案をよく見ますね。魚の氷づけスケートリンクからの北海道での氷漬けまでの華麗なる飛び火。主催者に軸も矜持もないのでしょうか。燃えたといえばベッキーもですね。浮気、不倫、大いに勝手にやっちまえ!ほっとけという感じです。それは企業も同じで、少数匿名の魔女狩りに怯え続けていますが、そんな中、0.5パーセントのクレーマーの声に日和がちな昨今、カップヌードルでも有名な日清さんは向かい風の中、ドンキホーテされているのが今年一年印象に残った活動をされていました。

もっとバカが増えたほうが社会は楽しい、と思わせてくれるCMがぐっときました。日本社会全体の経済が振るわないのも、ひょっとしたら、リスクを取れるバカが少なくなってしまったからかもしれません。スーパージョッキー、トゥナイト2、ギルガメッシュナイト、バカ殿…etc、経済が先かバカな企画が先か、たまごとニワトリ理論ではありませんが、小市民はいつも正直で面白いコンテンツの方に流れていきます。今では、Youtubeでしょうか。とはいえ、今も徳井義実のチャックおろさせて〜やなど、スカパー系で面白いものはたくさんありますね。

昔のテレビはほんと、すごい!!!こうした歴史が語り継がれなくなると文化が萎縮して生きます。萎縮もまた宿命なら受け入れますが、それはなるだけ小市民的合意をもって進んで言ってほしいかなと思います。作りたいものを作り、見たくなければ見ない。それでいいのだ。

 

ヒラリーが勝つと多くの意識高いクラスターは思っていたことでしょう。私は統計学者を信じておりますから、統計学にてヒラリーが勝つという信頼できる機関からのデータが上がってきたので、残念ではありましたが、ヒラリー勝利と思っていた矢先での出来事でした。ヒラリーが99%勝つと皆信じていた人々が皆踊らされているのが本当に面白かったです。選挙は生モノという古典の真理の方がよっぽど正しかった。やはり、私は1に古典、2に統計という生き方で生きていこうと思った出来事でした。ジャクソニアン・デモクラシーから続く知性と権力の癒着にカウンターパンチを喰らわせるアメリカの反知性主義の底力を垣間見た瞬間でした。

古代ギリシアからもたらされた民主主義はかたちを変えながら、今も私たちの生活と密接な関係を結んでいます。戦争に従軍する者だけが選挙権を持つ時代。一定以上の税金を納めた者が投票できる時代。一人一票の天賦人権論の原則という制度疲労が見えた選挙でした。また暦は周り、貴族政治、寡頭政治、独裁政治、ポピュリズムと無限のロンドを踊るのでしょうか。なめらかな社会とその敵一般意志2.0はどこまで民主主義の改造に取り組めるのか、それがこれからの課題でもあり、自分がコミットしていく事柄でもあります。

超絶暇人会は古代ギリシアに生きています。のんびりグダグダ、飲み食いしながら、愛を語り、正義を語り、神を語り、真理を語り、それぞれの幸福を語ります。暇だからこそ、政治に関心を持ちます。暇でなければそもそも私たちは政治にコミットできないのです。

なぜなら、判断を適切に下す材料がないからです。私のような小市民は、テレビのダラ見が楽なので、夜食にコンビニ弁当や冷凍食品を食べながら一杯している時のイメージのままに選挙に行ってしまいます。これは私の経験談からですが、ブラック正社員に、ブラックバイトに批評性を求めないでほしい。選挙に行くだけでも意識高い系とよんでほしい、と言ったものが私の本音に近いです。

政治の真の参加は暇人活動からもたらされます。蟹工船を読み、ドストエフスキーを読み、谷崎潤一郎を読み、ヘミングウェイを読み、黒澤明を、フランク・キャプラを読むことで見渡せる知層があります。暇じゃなきゃ文学もマンガも映画も味わえません。旅行もできません。暇、これこそ今、私たちが刮目すべきアイディアなのです。

忙人にオススメするのが、会長の私もしばしば詠んでおります短歌です。俳句です。これなら、ちょっとした隙間時間でいつでもチャレンジできます。ゴルフも釣りも、カメラもするお金がなくったって、心持ちひとつで暇人活動はできるのです。暇人活動をする上で一番やってはいけないのが、言い訳をすることです。言い訳が一番ダメです。とにかくやる!やってやってやりまくる!チャレンジすることが大事なのであって、結果は二の次で構いません。

暇を作る。狂歌を作る。そのうち心がネジ曲がってくる。性根が腐ってきたら超絶暇人の完成です。そこには批評性が芽生えいるはずです。政治参加も、ぐっと批評眼を凝らしながら眺めてみる。一呼吸おく。それができた時、あなたはすでに超絶暇人なのです。自分自身が一票を行使することで世間を”彫刻”することができるのなら、あなたも私も社会彫刻家と言えるのではないでしょうか。

超絶暇人会としては、現会長の意向のもと、ベーシックインカムを通じ、あまねく福祉が、幸福が老若男女、小市民の生活の隅々まで行き沁み渡ることを望みます。

批評性ある暇活を。

 

まだもう少し続きます。短歌をお読みになりたい方は読み飛ばしていただいて大丈夫でございます。

 

電通過労死事件

みなさん、働きすぎです。もっと世間の小市民は暇児活動を生活に取り入れるべきなのです。人間は遊ぶために生まれてきたのですから、それは人間として本末転倒なことでございます。金はなくとも心は錦で、のんびり、足るを知りながら半農半芸も素敵ですし、たとえそれができずとも、生活の経済的な充実レベルを下げ、大切な人といる時間をふやしたいり、趣味に費やす時間を増やすべきなのです。

働きすぎなのです。働いても働いても我が暮らし、ずっと楽になおざりつ、だから問題なのです。バブリーなら、ストレスも発散可能ですが、働いたってちっとも楽になりゃしない、ハァ〜、やんなっちゃうなぁ〜、もう〜(小津映画における杉村春子役のおばさんがいう感じ)では、精神がズタボロになるだけです。

電通の過労死事件は氷山のほんの一角に過ぎません。電通は給料がかなりよいですし、ほぼみなが強靭な心臓と高いコミュ力と、マジで性格が良くて、人間的魅力に富んで、やりがいを持って仕事をしている人間が多数おりますから、日本社会を象徴する例としてはふさわしくないかもしれませんが、ユニクロの潜入記事や少し前のワタミの過労死事件なども合わせ技で多角的に見れば、日本社会全体がブラック化しているような気がします。もちろん、統計が私が進行する一番の物語ですので、確かな機関が出す確かな統計が出てから考えをフィックスしたいと思っております。

これからますます日本全体の経済が急激に冷え込み、どんどんパイがなくなってきています。富める者はますます富み、病める者はますます病んでいきます。もはや韓国に抜かれる日も近いでしょう。日本のGDPが世界3位だ!わっはっは!どや!っとフィリピンパブに行って万札で頬をなでなでするなんて時代はとっくの昔に終わっています。今度は逆に、万札でビンタされる側になるのだと思います。日本人であることで先進国のアドバンテージをぬくぬくと享受できる時代は、悲しいかな、終わりを迎えました。メディアの日本礼賛はほんのごく一部、自分にとって都合のいい情報を仕入れてばかりいると、セイレーンに命を奪われるのです。良薬は口に苦し。苦いこと、痛いことにこそ、未来はあるのです。

東洋経済さんの記事で小西美術工藝社のデービッド・アトキンソンはこのように語っています。沁みますね。

■「1人あたり」で見ると、違った景色が見えてくる

では、日本の実績を「1人あたり」の数値で見直すと、どんな風景が見えてくるでしょうか。きっと、驚かれることと思います。

・日本は「GDP世界第3位」の経済大国である
→ 1人あたりGDPは先進国最下位(世界第27位)
・日本は「輸出額世界第4位」の輸出大国である
→ 1人あたり輸出額は世界第44位
・日本は「製造業生産額世界第2位」のものづくり大国である
→ 1人あたり製造業生産額はG7平均以下
・日本は「研究開発費世界第3位」の科学技術大国である
→ 1人あたり研究開発費は世界第10位
・日本は「ノーベル賞受賞者数世界第7位」の文化大国である
→ 1人あたりノーベル賞受賞者数は世界第39位
・日本は「夏季五輪メダル獲得数世界第11位」のスポーツ大国である
→ 1人あたりメダル獲得数は世界第50位
注:生産性は世界銀行(2015年)、輸出額・製造業生産額はCIA(2015年)、研究開発費は国連(2015年)、ノーベル賞はWorld Atlas(2016年)、夏季五輪メダルはIOC(リオオリンピックまで)のデータをもとに筆者算出

出典:「1人あたり」は最低な日本経済の悲しい現実〜日本の生産性は、先進国でいちばん低い〜 2016/12/9 東洋経済

 

だからこそ、価値観の転換が必要となります。経済も大事ですが、それ以上に新しい価値観、経済的なもので測れない生きがいをもたらす活動がこの国にとって最も大切なお薬になるのです。巷でもてはやされている超人的な人にしかできない活動でなく、小市民の誰でもが参加できる活動。巷の公民館や美術館でのワークショップなどがキラキラ輝かしくて参加できない方々にも参加できる、日常の中でちょっとした心がけ次第でできる小市民的な活動にこそ、超絶暇人会はフォーカスを当てたいのです。

超絶暇人会は電通という大きな巨人ゴリアテを倒すダヴィデです。電通とは、ユニクロでありワタミであり、エイベックスです。FOXP2が私たちの遺伝子に書き込まれてから超絶暇人会は存続してまいりましたが、今の社会ほどこの活動が求められていることはないでしょう。

かつて清貧の思想などはやったこともありましたが、これも清貧である必要はありません。金持ちでもいい。貧乏でもいい。ただそのメンタリティーの部分で人間は誰しもが暇人(ゆとり人間、遊び人)であるべきだということです。

『納涼図屏風』久住守景 人間本来の姿とは、まさにこういうものなのだと思います。このために人間は生きているのです。超絶暇人会認定絵のひとつです。

暇活をダヴィ活とも一部の会員の方は読んでおられるようですが、レオナルド・ダ・ヴィンチとも語感が似ておりますし、人間死んだらみんな荼毘に付されるのですから、その瞬間を一生懸命に燃焼する、という意味も合わせて含ませたいという狙いがあります。暇活と書いて是非、ダヴィ活とお呼びいただいて結構です。死を絶えず忘れないように、日々、その日の”今を生きる”、Carpe diemし続けることこそ超絶暇人会の活動原則なのでございます。ワンナイトラブ、大いに結構!炎上大いに結構なのです!

 

超絶暇人会とはこのような活動を推進する組織でございます。各位がそれぞれに得意とする分野で暇人活動を展開するゆるやかな組織です。参加・脱退・融通無碍。ひょっとしましたら、あなたもすでに会員になっているのかもしれませんね。

 

それでは長くなりましたが、やっと忘年会の様子を紹介いたします。

 

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

本年も いろんなことが ありました
気の合う仲間と 超絶忘年

浅草・十和田にて超絶暇人忘年会を行いました。多くの暇人がかけつけ、一年の暇人活動を総括し合いました。時折、ナンセンス!異議なし!など、懐かしの学生運動のシュプレヒコールをあげる社寺彫刻師の方がいらっしゃいましたが、今度、博士になるとかで、随分とご苦労されていたようです。

多くの暇人たちは超絶忘年してしまい、この一年のことをほとんど思い出せておりませんでしたが、そもそも私たち超絶暇人は過去に興味がなく、未来にも興味がないため問題ありませんでした。今を超絶楽しく超絶一生懸命に暇人になる、という理念のもと活動をしておりますので、みながみな各位超絶暇人活動を実践しているが慮られ、大変慶ばしい限りでございました。

 

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

美味しいな 気の合う仲間と 天ぷらは

どんな美味しいものも気の合う仲間と食べないとと、思っております。

 

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

赤キツネ 緑たぬきと 莫迦しあい

カラオケ館の特別ルーム・錯覚の部屋をお借りしましてカラオケを行いました。右の方は私の3倍ほど大きいのはコーラの飲み過ぎはあるかもしれませんが、錯覚ではございません。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

世界には 大きなビールが あるもんだ
実験器具の フラスコみたい

カラオケ館で超絶背の高い容器に入ったビールを飲みました。実験器具のようで不思議な感覚でしたが、はぁ、世界には面白い容器に入れてビールを飲む風習があるのですね。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

 

 

他の日の超絶暇児活動も報告させていただきます。

 

おかあさん 西日が今日も 綺麗だね

パクッテシマッタ。ナニゴトノフシギナケレド。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

ズンズズン ドスンと不動の 釈迦如来
一度は落ちるも 二度目は落ちず

私は6回落ちました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

おぬこちゃん いったい君は 何おもう
犬畜生に クオリアあるや

数秒、じーっと考え、そっぽを向き何処かに歩いて行きました。あの間にぬこちゃんは何を考えているのでしょうか?ぬこちゃんの環世界に興味津々丸です!ちと古いw

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

ニャムニャムと 最近死んだ ネコが言い

最近死んだ知り合いのネコにそっくりなネコ(ミクロ、享年25才)のガチャガチャがありビックリしました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

忘年会 酔っ払った 忍者いた

近所のファミレスにノロウイルスにかかったと語る酔っ払い忍者がおり、激写いたしました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

さあ、けーる! 自由が語る おら錦

年末年始は故郷新潟に帰ります。新潟のじい様ばあ様に東京土産でも買って帰ろうと思います。インターネットも知らず、テレビと新聞しかみず、IoTもビッグデータもインダストリー4.0も知らぬ田舎のじい様ばあ様には、この猪熊弦一郎の『自由』がある場所で勉学に励む孫をさぞ眩しく感じてくれるのでしょう。

じいさま、ばあさまのおかげでおらは東京さで勉強ができるだ。ほんと感謝なり。また、長官の日本酒「光」を買ってけーるからなー

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

今日はコレ マカダミナッツ バナナちゃん

忘年会終わりの火照った頭で食べるアイスは最高です。酔ってないアピールもかねてか、普段食べるレーズン・いちご・クルミを捨て、なぜかマカダミアナッツの方に面白みを感じて選んでしまいました。とても美味しかったです!

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)が投稿した写真

居酒屋の 玄関にある 球ひとつ

忘年会終わり、居酒屋の玄関に、だったひとつのパチンコ玉を見つけました。隣はパチンコ屋さんなので、どうにかこうにか侵入する事に成功したのかもしれません。

 

会員の皆様におかれましては本年も一年大変お世話になりました。また来年もよろしくお願い申し上げます。それでは、皆様、お暇なよいお年を。

 

Culture You!世界ってほんと美(たの)しい。

けんちゃんだんご

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA