Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

松永さんと年納めゲームをしたよ(12/29)

ゲーム最高です!

English Ver.
The game is the best!

Recently as a game researcher Mr. Matsunaga who is leading game research is studying games jointly.

I regularly do research endlessly from evening to evening, once more, once more. It is a shame that ending with defeat is a regret, so if one loses, I will repeat the same game again, so the study will not end at all.

Yesterday I was playing my old payment game from around 5 o’clock in the evening to around 8 o’clock.

Yes, we are now sending a second grade junior high school student everyday. Every day is a lot of fun. I truly enjoy something comparable to the pleasure of that era in which ancient Socratic, Plato, and Aristresses were alive. With sweets and tea, if you have coffee, heaven! It is a fun space finish than the court of Heli Gabbalus.

Games subject to research are Family Tennis, Street Fighter, Mario Kart (Battle Mode), Bomberman, Puyo Puyo (Puyo Puyo Puyo Puyo Puyo Puyo Puyo Puyo Puyo has too much ability to do so much). It is because it is still aesthetically superior to many retro games. Each game balance setting is wonderful and well thought out. Initially, God gay, it makes me feel the overwhelming aesthetic value of classical ancient Greek sculpture.

I like classics, whether they are from high art researchers. Works that survive the selection of time are worth it alone. From one action in the game, you can see traces of thorough pursuit of pleasant logic. Semir · Zeki is describing Shakespeare and Mark · Rosco as neurobiologists. When he sublimates to the form that empathizes with others by thoroughness of his own feelings, he becomes a great artist.

I respect the creators of these works with a whole body. This is undeniably the art genre that comes after the movie genre. NES is classical ancient, Sue Famicom is Renaissance, Preste is compared to Baroque and art history and you can also unravel the history of the game.

I will inform you what I learned from recent game research.

① The real pleasure of the game is the power balance

I found out that the more you are competent with your opponent, the more interesting it is. Family tennis is the most competitive strength right now. Somewhat, myself is superior in ability, but if you give up for a moment and get it right away is a miso, this is very funny. I am a surprise, Mr. Matsunaga uses Pilosikinov. Mr. Matsunaga’s Siberian top spin is quite good. And yesterday I did the first generation, not a street fighter turbo. When it comes to turbo it is because my own shunki skill is bursting. Anyway, I kept wondering what my worth was, and then Mr. Matsunaga ‘s girl woke up, and I won 10 consecutive wins. However, the game is really interesting from here. In order to break Matsunaga Empire, I changed the character from Chunri to Ryu and Ken. I successfully used the wave fist and the strong kick, the medium kick and the weak kick successfully, and finally it succeeded to bring it to the fifty-fifty full. There were several name scenes like interactive exchanges that made it different from turbo, exchanging stiff guards like shogi, serious interaction between experts. Indeed, it goes without saying that it was played with a shouting with Umehara every time.

At the moment when street fighter who had won the victory so far and was not so funny turned into insanely fun content, I realized the real pleasure of the game. The interesting thing is that rivals can mutually acknowledge each other. Just like sports, it is not a jump system, but a deep friendship will bud after the game is over. seriously.

② Battle of the gods

If you go to the world of “Aichi” with just two people, you want to play games with everyone, you can not don tie around (or it seems to cost a lot before it catches up) and come in. lose. I showed just good salted plums and I thought that it would be better to gradually show the world of Ragnarok after successfully putting it in a company. This is a recent lesson.

③ Play is the essence of man

This is honestly not limited to games, but I realized that I was bound by the concept of labor and production. In doing research on games, as a society, I am trying to finish my work on the day and my work to live. Natsume Soseki talks about the rich astronaut of the afternoon ‘s secret medicine in the morning, but I was doing something similar. Well, once you go easily, it will be beer at the end of the work.

Talking about that, switching on the game, Mr. Matsunaga pointed out that it is bound by the concept of productivity, very critical point. As human nature is playful, this research activity is the kind of thing that is so important in my life. I thought that the important thing in life is the productivity and not the idea that it is very wonderful.

As soon as possible, I studied game research loosely and loosely, after having done game research, my head got dizzy, at that time I was pretty good at winning my family tennis with victory and sometimes I got it I played games, played other games, won the game, eventually I was playing games for five hours in a row from around 3 pm to around 8 pm.

What a wasteful day I had spent … when I was from Mr. Matsunaga ‘s mouth, I shudder w Apparently Mr. Matsunaga also seems to be tough to escape from modern values.

Well, I’ve been playing games recently like this. I will let you know as we progress further. Pacha

Postscript: It seems that Mr. Matsunaga ‘s other research has been delayed for 3 months by such collaborative research of the game with myself. Let’s say Mr. Matsunaga spent most of his research time on practice at Family Tennis that causes it, addictive nature of the game lol

Ken chan

Culture You! Oh, the world is really beautiful

Oh! That’s a pretty good article! Those who seemed to be shopping at Amazon ♪

To those who want to remodel my brain like mini 4WD

ゲーム研究者としてゲーム研究を牽引する松永さんと最近共同でゲームを研究しています。

決まっていつも夕方から夜にかけて、もう一回、もう一回と延々と研究しています。負けっぱなしで終わるのは悔しいので、どっちかが負けると、また同じゲームを繰り返すので全然研究が終わらないのです。

昨日も年納めゲームを夕方5時くらいから8時くらいまでやっておりました。

 

そう私たちは、今、中学二年生の毎日を送っています。毎日がとても楽しいです。まさに古典古代のソクラテスやプラトン、アリストレスたちが生きていたあの時代の楽しさに匹敵するものを謳歌しています。お菓子とお茶と、コーヒーがあれば、もう天国!ヘリオガバルス帝の宮廷よりも楽しい空間の出来上がりです。

The_Roses_of_Heliogabalus

研究の対象となるゲームはファミリーテニス、ストリートファイター、マリオカート(バトルモード)、ボンバーマン、ぷよぷよ通(初代ぷよぷよは実力差がありすぎてあまりやってません。)。レトロゲームが多いのはそれがやはり美的に優れているからです。各々ゲームバランスの設定が素晴らしく、考え抜かれています。原初にして、神ゲー、まさに古典古代のギリシア彫刻の圧倒的な美的価値を感じさせてくれます。

自分たちはハイアートの研究者からなのか、古典が好きです。時の淘汰に耐え抜いた作品はそれだけで価値があります。ゲーム内のひとつの動作から、気持ちいいのロジックを徹底的に追求した痕跡がうかがえます。セミール・ゼキはシェークスピアやマーク・ロスコを神経美学者であると形容しています。自分の気持ちいを徹底して他者に共感デキるカタチに昇華した時、その人間は偉大な芸術家になります。

これらの作品のクリエイターたちを全身全霊で尊敬します。これは紛れもなく、映画というジャンルの後に来るアートジャンルです。ファミコンは古典古代、スーファミがルネサンス、プレステはバロックと美術史に例えてゲームの歴史を紐解くこともできますね。

 

ここ最近のゲーム研究でわかったことをお知らせします。

 

①ゲームの醍醐味は勢力均衡

実力が相手とギリギリであればあるほど面白いことがわかりました。今、一番実力が拮抗しているのはファミリーテニスです。やや、自分の方が実力が上ですが、一瞬でも油断すればすぐに持ってかれてしまうところがミソで、これが極めて面白いです。自分はサプライズ、松永さんはピロシキノフを使います。松永さんのシベリアントップスピンはなかなかのものです。そして、昨日はストリートファイターのターボでない、初代をやりました。ターボになると自分の春麗のハメ技が炸裂してしまうためです。どうせ、自分の価値だろうとたかをくくっておりましたところ、なんと松永さんのガイルが覚醒して、自分は10連勝もされてしまいました。しかし、ゲームってほんと、ここからが面白いんですよね。松永帝国を崩すために、自分は春麗からリュウやケンにキャラクターを変えました。波動拳と強キック、中キックと弱キックをうまく使い、最終的には五分五分にまで持ち込むことに成功しました。ターボとは異なるジリジリとした間合いのやりとり、将棋のようなじりじりした攻守の入れ替わり、達人同士の真剣のやり取りのような名シーンがいくつも生まれました。まさに、毎回、ウメハラと共に雄叫びをあげてのプレイになったことは言うまでもありません。

これまで圧勝していて、そんなに面白くなかったストリートファイターがめちゃくちゃ面白いコンテンツに変わった瞬間にゲームの醍醐味に気づかされました。面白いのは、ライバル同士がお互いに認め合えるということです。まさにスポーツと同じく、ジャンプシステムではないですが、ゲームをし終わった後、濃い友情が芽生えます。マジで。

②神々の戦い

ふたりだけで”あっち”の世界に行ってしまうと、みんなと一緒にゲームをしたいのに、周りがドン引きし(または追いつくまでに相当なコストがかかるように見え)てしまい、入ってきてくれなくなります。ちょうど良い塩梅のプレイを見せて、うまく仲間に入れてから、徐々にラグナロクの世界を見せた方がいいと思いました。これは最近の教訓です。

③遊びこそが人間の本質

これは正直、ゲームに限ったことではないのですが、自分が労働と生産という概念に縛られていたことに気づかされました。ゲーム研究をやるにあたり、社会人として、その日のアーティスト活動と生きるための仕事を終わらせるようにしております。夏目漱石が午前中の執筆が豊かな午後の秘薬である的なことを語っているのですが、それと似たようなことを行なっていたわけです。まぁ、簡単に行ってしまえば、仕事終わりのビールといったものでしょう。

そのことを語りながら、ゲームにスイッチを入れると、松永さんが、それは生産性という概念に縛られているわ、と、すごくクリティカルな指摘をしてきました。人間の本質が遊びなのだから、今のこの研究活動こそが、人生においてものすごく重要なのだという類のことでした。人生において大切なことは生産性や仕事ではないという考えとても素敵だと思いました。

早く、ベーシックインカムこねぇかなぁ、とゆるくたるくゲーム研究をして、しまくったのちに、頭がぼーっとして、その時は自分が結構、圧勝でファミリーテニスを勝ちまくって、しまったこともあり、かつ、他のゲームもやりまくってしまい、勝ちまくってしまい、結局午後3時くらいから午後8時くらいまでぶっ続けで5時間のゲーム研究をしてしまった時のことでした。

なんて無駄な1日を過ごしてしまったんだ…と松永さんの口からでたときには、戦慄しましたwどうやら、松永さんも近代の価値観から逃れるのは自分と同じく大変らしいです。

 

…と、まぁ、こんな感じで最近ゲーム研究をしております。また進展しましたらお知らせいたします。ばいちゃ♪

 

追記:こうした自分とのゲームの共同研究により、松永さんのほかの研究が3ヶ月遅れてしまったらしいです。松永さんがファミリーテニスに研究時間の大半を練習に費やしたことがその原因とのこと、ゲームの中毒性には気をつけましょう笑


けんちゃんだんご

 

Culture You!あ~、世界ってほんと美(たの)しい

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA