Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

現代(古)美術研究旅行 in Venice

ヴェネツィア・ビエンナーレ2017に行ってきました!

 

English Ver.

I went to the Venice Biennale 2017!

I will share that excitement!

When entering Utamaki University there is something to do with an antique art research tour. It is a demon cheat training that you can immerse in traditional Japanese art in Nara / Kyoto for 2 weeks. In the end all the people slept on the bus, got up and got up, got bored with Buddha statue, sleeping Buddha statue, shrine temples and temples in three days, the local menu and ordinary drinking party at the training institute are stabbed most vividly I have such a trip.

This time, we planned things like contemporary art travel. It is the second time for this time. Five years ago I carried out voluntarily as an antique art research in Euro, and I gathered canon of classical art in Italy, Germany, England, France from one end. It looks like a text book. I studied such things at once and studied.

Well, this time it is luxuriously contemporary art training tour. I am an art department who feels luxurious trips other than classical arts from the temperament of the department. However, from the feeling that I want to live as an artist, I would like to see the current frontier of the world at the forefront of the world firmly with my own eyes, thinking, thought, thoughtfully, I ran into HIS of HID, and I got it. Wallet is empty, I think I will get back with a bit coin!

Well then, I’d appreciate it if we could share this excitement from Narita Airport to the beginning of the Venice Biennale experience. \ (^ O ^) /

A single journey
Thoughtful
Southern
Anxious misery
Hopefully

I am going to the Venetian Biennale and documenta from now. Hurriedly decided itinerary. It is also a challenge to jump in without thinking about it. Bags Although a single journey is intriguing, this is also for growth. I will head for Narita Airport while listening to a good day departure.

For the first time in five years
Going through for the second time
International gate

It is also Europe. There is a tricky edge. Five years ago I voluntarily undertook an antique art research in Euro as an art department. On the contrary this time it is contemporary rumble!

A single journey
Thoughtful
Southern
Anxious misery
Hopefully

I am going to the Venetian Biennale and documenta from now. Hurriedly decided itinerary. It is also a challenge to jump in without thinking about it. Bags Although a single journey is intriguing, this is also for growth. I will head for Narita Airport while listening to a good day departure.

A single journey
Thoughtful
Southern
Anxious misery
Hopefully

I am going to the Venetian Biennale and documenta from now. Hurriedly decided itinerary. It is also a challenge to jump in without thinking about it. Bags Although a single journey is intriguing, this is also for growth. I will head for Narita Airport while listening to a good day departure.

For the first time in five years
Going through for the second time
International gate

It is also Europe. There is a tricky edge. Five years ago I voluntarily undertook an antique art research in Euro as an art department. On the contrary this time it is contemporary rumble!

counter
Just to find it
Struggling hard
Caster breaks
Mind also to one thousand

While tracing the memory I went last time, I remember how to board an airplane. Anyway, where are you going to receive tickets at the reception desk, well, where is there? Where am I? Who am I? Within the state, when the time was getting close to hurry, the casters of the carry bag broke and the heart broke.

But! As I paid money, I managed to get a broken heart, but managed to reach the receptionist somehow!

Also the blue sky
Cork and you too
Ties

The sky of Narita is connected to the sky of Kassel in the sky of Venetia. Coke also hangs around the world and is connected to us anytime anywhere.

Before takeoff
Stomach Cyruscu
No abnormality

Just like five years ago, my stomach became painful with Kyurukyuru when I aircraft in front. That’s right. I am nervous. I am flying for an aircraft accident that is much lower than the probability of encountering a traffic accident. However, as usual. It is normal work.

Just a bit of a liberation, just a little loose stool came out a bit. That is how much I’m scared.

passport
For baggage inspection
Beyond that
Luxurious shop
Arbitrarily

After going through the gate after heavy departure procedures, it was a luxury souvenir shop spreading there. While waiting for boarding, I tried drinking champagne fashionably, but it seems to be Kyurcur also so it’s a pass this time. Even so, it was a strange feeling for souvenirs and asakusa to be somewhat subtle in Japan.

calm down
If you look in the mirror
Indie Jones (The Last Jihad)

He is cool and easy to move, I left home while drawing such an image. However, when I caught a breath and looked at the mirror, there was Indie Jones in it.

Empty friend
Pack contents
Tutto bene?
The neighbor was an aunt of an Italian. Although I was reading a book of cooking, it seems that the seat was empty after take-off, so it was able to be used widely. Earphones packed in packs looked like they were five years ago and there was not much fit and the condition was somewhat bad. The blanket was warm!

12 hours
First 2 hours
beauty and the beast
Emma Watson’s
Dreaming and flying

I will check the content of the aircraft from everything! This time I decided to see this movie at the beginning.

Fly away
The buttocks roll
Low altitude

Just here the altitude of the side is the best I will pull. I will calm down whether I will give up if I go high.

In-flight meal
I can not hear it
2 times Paddun

I could not hear Japanese or Italian choice but I went to Pardon twice. I’m glad that tour operator is, so I can not go to Santa Maggiore Cathedral. My girlfriend and I attempted to attack the stand, but since my Italian lady next to me was hairstyle like Bucharati, the tour operator also watched Bucarerati, I decided to stop attacking on the way It was nice to have you.

Economy
Still good
Wine

Although it is an economy seat, wine and cola drinking at 100,000 meters above the sky are exceptional.

In-flight meal
This pattern also
Oh no

Wowolta www \ (^ o ^) / did. One rice ball I went to ww, now, thankfully received, but it was fresh for a while!

Eurasia
It continues
Grand Canal
Always Mongolia
I will continue Russia

The Eurasian continent is vast. . . I am still over Russia or Mongolia.

I will arrive here.
White color scheme
In-flight meal

That last flight meal, it was, well, it was white.

Vienna
Become
Schwan!

I was nervous, but I was nervous, but it was cool, as the wing was a brake, like a Gundam at landing. Alright, I arrived in Milan.

Malpensa
Contemporary Art
Welcome

As I left the gate, I had a greeting with contemporary art using fog. It is truly Milan of the arts!

Europe
No matter how far I go
Graffiti

Along the railroad tracks, the walls of the private houses, the roads of graffiti are continued everywhere.

Too much
To arrange nose hair
Jet head

There was nothing to do and I noticed that I pulled my nose hair over the lid of the garbage box next to the window side by side and arranged. I was myself unconsciously wearing Natsume Soseki. It is a surprise. He was accustomed to Soseki with unconsciousness. As expected, it is myself.

Italian
I’m glad I did it.
Senorita

forever and ever
I do not think so.
English translation

I studied Italian as a whole year from undergraduate degree graduation unit, I decided not to use it for the rest of my life so my motivation for learning was extremely low so I finished taking the unit safely by surviving over the overnight pick up before the exam. However, even in a language that I learned with such low motivation, when I come overseas abroad, there is a peculiar matter that I used to do in the past, which is surprisingly useful. It is important to understand where to go while talking with past memories. It is not always true that there is an English translation.

By the way it is time to eat rice and women, especially to remember it in Italian! By the way, Senorita is Spanish.

5 years ago
Saved lives
Cinecittà

I could pick up a taxi on the way back to the concert where I listened to among the Raphael of the Vatican, it was a big mistake to pick a walk with such an easy choice. I felt God’s flesh in the sandwiches sold there, such as the encounter with the bad guys who broke the windshield of the car, the mistaken as a strange person, the way without help, the vending machine I found in the station like that.

Also in Japan
Do as much as this.
Graffiti

Is it a sensation that scribbles on the Shinkansen if it is said in Japan, do they say they are about express trains like Shinkansen? Of course, I can not graffiti just about tin with the invitation of apartment in front of Mainz tower in front of Frankfurt.

Stone Wall
With Biliteria
Three Graces

A huge stone wall welcomed me. The deckness of this station, it is a very dangerous. Not wastefulness to have a tenant, but wasteful space in space creates useful pressure. Any woman who shoots anywhere is as beautiful as three beautiful gods.

Nintendo – Do Indeed it is a verb
The advertisement of the switch dignifiedly to Milan central station is Babbahn! And it was pasted! I am convinced that the verb of English is used, which is called Nodai Dou. The game has no borders.

High ceilings are beautiful anytime

Adjective of a stuffy thing
I do not use much word that is too loud. But is not it possible to use it in such a building? I tried it for a while!

Crowded feeling As Japan gets far away
This crowded feeling, this loneliness, the feeling that I am dependent only on my own, I do not want to run away w w! There is no other choice but to do it.

Mokuba which was near detour station and
It is hard to see the map and there is no Wi-Fi. While gloomy with Google Maps, which is roughly seen, I got a whirlpool around the streets! Anyway, I’m relieved to stay at the inn!

All this feeling is visible in Sri
I wonder what is a small human in a ass hole? Every human being is picky. As soon as a person comes near, I will put my hands on my wallet and mobile phone. Of course, it is a double defense that Pocky has a chuck. The trauma of the wavy attack that was set on the slimming group of the child 5 years ago is still using my warning sensor as a bing.

What a person likes is nice after all.
My super hobby of authority is Ultimy Ha and depends on the masses. I think that I am the most popular in the taste of things that do not exist ordinarily as masses. After all it is great that people are great.

It is Delila stuck Samson during construction
First I was surprised that I put up an electronic display at the time of construction! And, wherever I go, I will encounter Samsung and LG Electronics monitors. Momentum of Korean manufacturers, Maji Panee!

It can not be helped even if you fold the chisel after seeing this
Who can be blamed for watching this and stopping sculpture? Is it a garbage if I do not make work that exceeds this? Or is garbage worth the trash? Who can follow the transition of the concept of sculpture between Classics and contemporary art?

Make a living foot and language, or Mermaid
The place which everyone who visited here is different is different in color. Everyone is rubbing their lives, the moment I became linguistic, the phrase called mermaid living feet enchanted began refraining. One scene of the Bible is the best BGM.

This is repaired 5 years ago
How long will repair continue? Even when I came five years ago I was repairing. It seems to be a beautiful figure quickly

Make money by living with the brand
I am doing art for myself, money. It is absolutely necessary when I really want to live as an artist. Atelier, material cost, transportation expenses, personnel expenses, various. The art for the traditional art which is also a synonym of modern art is already outdated, and the art for today’s art is, that is, asset management.

Kotoriki chrysanthemum read to the Rubens towards the top
Tiger is biting with Gabri. From the phonological point of view, tributary passed through the brain. That’s right. Speaking of tobacco, Kotoriki chrysanthemums, when it comes to art appreciation, things that are only making funny ideas are unbearable.

I think reading with Caritas Paper magazine
I remembered the problem exercise in a foreign land. Calista with refereed journal published by his laboratory. It is also difficult to throw away everything in Japan and go on a trip.

Do not get the picture Finally money is important
I think only about money from a little while ago. I feel that richness, again, I can get it with money. Even so, I have family members who will become paintings here and there.

It is not known in Japan in Japan, Masato (Makoto)
It is a statue of Indro · Montanelli. It is not well known in Japan, but I am a respected journalist and historian. There is nothing as difficult as telling the truth as it is. In the future of fake news, it is a speech that should be kept in mind.

Nose celebrity playing water with a dog
Everyone looks rich when I see a person with a dog. I often see people who embody the Omotesando sense of aura. Hiroo, Aoyama, Azabu, its original is here. The tissue you use surely will also be a regular nose celebrity.

Street that wind cuts with a shoulder and a shoulder
It was a way of walking to make yourself look bigger by cultural anthropology. It was a very rough walking like a gorilla. I can not win, even if there are only six of them, unless it is a character of Fang Fang, I will not win first. There is no hesitation on the godless touch.

Super lonely Actually I would like to return at Narita
I am alone in a foreign land. We have appointed the superior isolation group chairman. One member. Actually Narita airport, no, I thought that I wanted to return already when I changed from Ueno station to Keisei line, so I came here. The young lads in front of me think that I do not understand Italian, while doing the delusion that it is all heard speaking about me, while looking at the thighs like Michelangelo, they are lonely While eating gourmet, it is expensive euro, Japanese yen, weak. Japan has already fallen, I thought that I would live with China and the United States from now on.

Oh, everyone again seems to be picky STILL TEDDY BEAR
Something is scary at night. I am scared of walking alone. Without your heart, my face will be stiff, and I will be walking quickly. If you notice it, I was running alone. Who am I running away from? Perhaps I am escaping from the fear the media has amplified. Having breathed up and bought water for 1 euro and reciting the Rootsvelt quotation at the Milano Central Station, the black people next to me would like to say 1 I gave the euro. It seems that it seemed to be performance or something.

Until we arrive at the hotel, I will not let go of a guard, but the feces of the room’s toilet will be euro
The one that goes to Buri is mid-ninth. Even though I entered the hotel, I entered the room, I was careful of pickpockets even in the toilet. Because I was attaching a chain to a batch wallet, there was also a happening that dropped the coin to the toilet because of the relationship between pants and hooks, but I managed to finish my itinerary without traveling to Sri.

Kimura cuts the moment of Kimura Kiren
I am taking Bashabasha like Kimura Ie. However, unlike Ieyoe, I got a battle camera look. The place we are taking totally is ballet.

Kimura Ichigo Even if I do it many times, Reverse Kimura
Kimura Ieyoe’s sharpness seems to be difficult. As a blunt sword, can you only take advantage of the blunt which is the strength of the dull sword? I also got a patchy camera look at this too!

Soyonara transcendental giant self-portrait girls
If buildings are going well, advertising will also grow bigger. Well, thank you.

There are dogs and there really is a dog
I told you twice because it is an important thing, but there is usually a dog in the train. But who is it? It is a kind of touch.

Also I ate Santa Lucia’s Isobe Roast
The city of water that arrived · Venice. I came all the way Hakodate. I smell the island. Twice, the second time in five years. Ippo Yaki is on sale at the bapoleot in front of the station.

Taxi all backpack Besson
All of the taxi’s luck praised the feeling aura that comes out in Luc Besson’s movie “taxi”.

I’m flying! Porco, I! I’m flying!
There was a couple who is playing Superman. It is luxurious play. A red ship reminds Porco.

While looking at the red lion arm (Kanana) during the world
I will not look aside, I just stare at you. Summer in Venice. I do not need sea bread, summer. I have sacrificed only you, Teruhiko Saigo.

Splashed Sailor Heart washing machine
The seaman ‘s heart is beautiful because everyone will wash away the sea. The driver is not from Bollywood.

It’s a Sony … It is a picture where such an aura is heard.

Ask the sun Genoa mother smells
It is the northern side which is out of sightseeing spot in Venice, but this scenery is exactly the scenery I saw during the ronin era. That’s right. Toei animation, seeing my mother is the scene of Genoa of 3 thousand miles. Sea breezes carry ~, Ka Saen no Uta

The feeling that I had a dog was a stick
A dog also hits a stick if you walk. If you walk in Venice you hit a dog. It is play of the gods who leave time with swapping myself with dogs and sticks in meta.

Water supply station dove Yukio also falls for love
What is the water supply station in Venice! I can drink it! It’s drinking water! And that water supply place suddenly comes across! It’s like a save point! ! What? And I want to put a stick. Such a peaceful save point can use both tents and cottages. The symbol of the dove of peace is also thirsty.

Mr. san’s light ~ Fucking in the morning of Bock’s ~
Three refreshing theme songs have been honorable ears. Mother, Venezia ‘s sky is blue, the sun will shine my laundry with me today. When I was a primary school student, I caught a cold, and decided to take a rest, I felt the body easier, I remembered the refreshing three pairs I saw with my head that I felt healed.

A nice guy gathers in houses
Even garbage will make you look like art. The magical power of Venice may be deep inside

その感動をシェアします!今回の旅路は成田空港に向かう途中からヴェネツィア到着までの期間です!

 

藝大に入学すると古美術研究旅行なるものがあります。奈良・京都にある日本の伝統的な古美術に2週間どっぷり浸かるいう鬼チートな研修です。最後は移動は全員バスで眠り、起きて仏像、寝ても仏像、三日もすれば寺社仏閣に飽き、普通のインスタ映えするご当地メニューと研修所での飲み会が一番ビビッドに突き刺さるというそんな旅行があります。

今回は、現代美術旅行なるものを企画しました。今回で2度目の欧州です。今はマルクスの時代とは異なり、資本主義という名の亡霊はおりませんw亡霊はすでに、空気となりましたが、ここ観光地都市ヴェネツィアでは瘴気となっていますw

5年前に古美術研究 in Euroとして自主企画で行い、イタリア、ドイツ、イギリス、フランスの古典美術のカノンを片っ端から総なめしました。教科書に載っているような作品ですね。そうしたものを一挙にみて勉強をした次第です。

 

贅沢な旅…

さて、今回は贅沢にも現代アート研修旅行です。芸術学科の自分は学科の気質からか古典美術以外の旅行を贅沢に感じてしまいます。ですが、アーティストとして生きていきたいと思う自分の気持ちから、現代の最先端、世界の第一線というものをしっかりと自分の目で見つめてみたい、そう思い、思い立ったが吉日と、旅券を上野のHISに駆け込み、ゲットした次第です。サイフはすっからかんですが、ビットコインで取り戻そうと思います!

 

さて、それでは、成田空港からヴェネツィア・ビエンナーレ体験のはじまる手前まで一緒にこの感動を共有できれば幸いです。\(^o^)/

 

 

 

 

 

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

ひとり旅
思い立ったが
吉日と
不安みちづれ
期待つれづれ

これからベネチアビエンナーレ、ドクメンタに行ってきます。急遽、決めた旅程。あれこれ考えず飛び込むこともまた試練。バッグひとつのひとり旅は心もとないですが、これもまた成長のため。いい日旅立ちを聴きながら、成田空港へ向かいます。

 

 

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

5年ぶり
2回目くぐる
国際門

またヨーロッパです。つくづく縁があります。5年前には芸術学科として自主的に古美術研究 in Euroを敢行しました。今回は逆に現代ぜめです!

 

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

カウンター
見つけるだけで
四苦八苦
キャスター折れて
心も千々に

前回行った記憶を辿りながら、飛行機の乗り方を思い出しています。とりあえず、受付カウンターでチケットをもらう手はずになっていますが、はてさてそこはどこに?ここはどこ?私は誰?状態の中、時間も迫り急いでいると、キャリーバッグのキャスターが折れ、心も折れました。

が!お金を払っているので、折れた心をツギハギしながらなんとか、受付にたどり着きました!

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

青空も
コークも君も
繋がりつ

成田の空はベネチアの空に、カッセルの空に繋がっています。コーラもまた世界を股にかけ、いつでもどこでも私たちと繋がっているのですね。

 

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

離陸前
お腹キュルキュル
異常なし

5年前と同じく、航空機を前にするとお腹がキュルキュルと痛くなってきます。そうです。緊張しているのです。交通事故に遭う確率よりもずっと低い航空機事故にビビっているのです。とはいえいつも通り。通常業務です。

ビビったあまり、ゆるめの便が、にょりっと、ちょっとだけ出ただけでした。それくらいビビっているのです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

パスポート
荷物検査の
その先に
豪華なショップ
ありにけり

重々しい出国手続きを経てゲートをくぐりますと、そこに広がるのはラグジュアリーなお土産のお店でした。搭乗を待つ間、おしゃれにシャンパンを飲もうとしましたが、またキュルキュルいいそうなので、今回はパスです。それにしてもお土産やがアサクサというのが、なんか微妙なみゃーるジャパンで変な気分でした。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

落ち着いて
鏡を見たら
インディージョーンズ(最後の聖戦)

かっこよくて動きやすい、そんなイメージを描きながら家を出ました。しかし、一息ついて鏡を見ると、そこにはインディージョーンズが映っていたのです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

空の友
パックの中身
Tutto bene?

隣はイタリア人のおばちゃんでした。料理の本を読んでおられましたがテイクオフ後は席も空いていたため移ってくれたようで、広く使うことができました。パックに詰められたイヤホンは5年前と似てフィット感はそれほどなく、調子もちょっと悪かったです。ブランケットは暖かかったです!

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

12時間
最初の2時間
美女と野獣
エマワトソンの
夢見て飛ぶや

航空機のコンテンツをかたっぱしからチェックします!今回はこの映画を初っ端に見ることにしました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

飛び立ちて
お尻がぷるる
低高度

ちょうどここら辺の高度が一番お尻がプルプルします。高く行ってしまうと諦めがつくのか、落ち着きます。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

機内食
聴き取れず
2度パードゥン

和食かイタリアンかの二択が聴き取れず、パードンを2回行ってしまいました。添乗員さんはやれやれだぜ、そんなんじゃ、サンタマッジョーレ大聖堂には行くことはできないぜ。お嬢さん、と私にスタンド攻撃を仕掛けてきたのですが、私の隣のイタリア人のおばさんがブチャラティのような髪型をしていたため、添乗員さんもブチャラティを警戒したのか、途中で攻撃を思いとどまってくれてよかったです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

エコノミー
それでもうまい
ワインかな

エコノミー席ですが、上空100000メートルで飲むワインとコーラは格別です。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

機内食
こんなパターンも
ありなのね

ワロタwww\(^o^)/しました。おにぎり1個てwwいやー、ま、ありがたく頂戴したのですが、ちょっと新鮮でした!

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

ユーラシア
うねうね続く
大運河
ずーっとモンゴル
続くよロシア

ユーラシア大陸は広大ですね。。。寝ても覚めてもまだロシアの上かモンゴルです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

もう着くぞ
白い配色
機内食

最後の機内食は、それは、まぁ、白かったです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

ウィーンって
なって
シュヴァーン!

着陸、緊張しましたが着陸時、ウィングがブレーキなのでしょうか、ガンダムみたいになってカッコよかったです。無事、ミラノに到着です。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

マルペンサ
現代アート
お出迎え

ゲートを出るなり、霧を使った現代アートでのお出迎えがありました。さすが芸術の都ミラノです!

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

欧州や
何処まで行っても
グラフィティー

線路沿い、民家の壁面、どこまでも落書きの道は続きます。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

暇過ぎて
鼻毛並べる
時差頭

何もやることがなく、気づけば窓脇のゴミ箱の蓋の上に鼻毛を抜いて並べておりました。無意識で夏目漱石ぶっている自分がいたのです。驚きです。無意識で漱石になれていたのです。さすが、自分です。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

イタリア語
やっててよかった
セニョリータ

いつまでも
あると思うな
英語訳

学部卒業単位から通年で学んだイタリア語、一生使わぬと決め込んでおりましたから学習モチベーションも極めて低く試験前の一夜漬けで乗り切って無事単位を取り終えました。しかし、そんな低いモチベーションで学んだ言語でもいざ海外で本番を迎えると、そこは昔取った杵柄、意外に役に立つものです。過去の記憶と対話しながら、とりあえずどこに行くべきかわかるというのは大事なことですね。いつまでも英語訳があるとも限らないのですから。

ちなみにイタリア語で覚えておいて役に立つのはとりわけご飯と女を食べる時です!ちなみにセニョリータはスペイン語です。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

5年前
命救った
Cinecittà

バチカンのラファエロの間で聴いたコンサートの帰り道、タクシーが拾えるだろう、そんな安易な選択で徒歩を選んだら大間違いでした。車のフロントガラスを割る不良たちとの遭遇、変な人だと間違われ助けなき道中、そんななか駅の中で見つけた自動販売機、そこで売っていたサンドウィッチに神の肉を感じました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

日本でも
これくらいやれ
グラフィティー

日本でいうなら新幹線に落書きしている感覚なのでしょうか、新幹線と言わぬまでも特急くらいにやっているのでしょうか。もちろん、ビビリな私はフランクフルト前のマインツタワー前のマンションの呼び出しのちんちんくらいしか落書きはできません。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

石の壁
ビリッテリアと
三美神

巨大な石の壁が出迎えてくれました。この駅のデカさ、激ヤバです。テナントがあるためのデカさではなく空間の無駄なデカさが有用な圧力を生んでいるのです。どこをどう切っても写るいかなる女性も三美神のように美しいのです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

任天-Do
確かに動詞
なりにけり

ミラノ中央駅に堂々とスイッチの広告がバババーン!と貼られてました!任天ドゥーという英語の動詞が使われているのも納得です。ゲームに国境はないですねぇ〜

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

いつみても
高い天井
きれいだな

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

いかめしい
こういうものの
形容詞

いかめしいという言葉、あまり使いません。ですが、こういう建物になら使えるのではないか?試しにちょっと使ってみました!

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

雑踏感
日本も遠く
なりにけり

この雑踏感、この孤独感、この自分しか頼りにならない感、嫌ですw逃げたくてたまりませんwが!もう、やり切るしかありません。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

遠回り
駅近だった
モキンバや

地図が見づらく、Wi-Fiもありません。大まかにみられるGoogleマップと、にらめっこしながら、そこらへんをぐるぐるぐるぐるドカンしてしまいました!とりあえず、宿につけて一安心!

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

この感じ
すべてがスリに
見えている

なんとケツの穴の小さい人間なのでしょうか。すべての人間がスリに見えるのです。ちょっと人が近くに来るもんならすぐに手を財布やケータイに当てます。もちろん、ポッケにはチャックが付いているという2重防御です。5年前の子どものスリ集団に仕掛けられた波状攻撃のトラウマがまだ、私の警戒感センサーをビンビンにしているわけです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

人がいい
というものは
やっぱりいい

超ミーハーで権威主義の私の趣味は大衆に依存する。私こそ大衆という普通は存在しないものの趣味性を一番体現しているのではないでしょうか。やっぱり人が偉大だというものは偉大です。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

工事中
サムソンを貼る
デリラかな

まず工事中のところに電子ディスプレイを掲げていることに驚きました!そして、どこに行ってもサムソンやLG電子のモニターに遭遇します。韓国メーカーの勢い、マジパネェっす!

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

これをみて
鑿を折っても
仕方なし

これを見て彫刻をやめてしまっても誰が咎められるでしょうか。これを超える作品を作らなければゴミなのでしょうか。それともゴミにはゴミの価値があるのでしょうか。クラシックスと現代アートの彫刻概念の変遷を誰が追えるのでしょうか。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

生足と
言語化するや
マーメイド

ここを訪れた皆がさする場所は、色がはげたのか、異なっています。皆、生足をさすっているんだなぁ、そう言語化した瞬間、生足魅惑のマーメイド、というフレーズがリフレインをはじめました。聖書の一場面に、最適なBGMです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

5年前
のぼったとこは
修理中

いつまで修理が続くのでしょうか。5年前に来た時も修理をしていました。きれいな姿をはやくみたいですね

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

ブランドと
一緒に生きて
金儲け

自分、お金のためにアートやってます。本当にアーティストとして生きていこうと思った時、必ず必要なものです。アトリエ、材料費、輸送費、人件費、諸々。近代芸術の代名詞でもある旧来の芸術のための芸術とは、すでに時代遅れのであり、昨今の芸術のための芸術とは、すなわち資産運用なのでしょう。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

がぶり寄り
ルーベンスに読む
琴奨菊

タイガーがガブリと噛んでいます。その音韻論的な観点からがぶり寄りが脳内を通過しました。そうです。がぶり寄りといえば琴奨菊、アート観賞の際には、つくづく駄洒落的発想しかしていないことがバレてしまいますね。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

カリタスと
読んで思おう
論文誌

異国の地で課題演習があるのを思い出しました。自分の所属する研究室が出している査読付き論文誌カリスタ。日本のすべてを投げ出して旅行に行くというのも難しいものです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

画になるな
やっぱお金は
大事だな

さっきからお金のことしか考えておりません。豊かさと、やはり、お金で手に入れることができるものな気がしております。それにしても画になる家族があちこちにおります。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

日本では
名も知られずや
真人(まことびと)

インドロ・モンタネッリさんの銅像です。日本ではあまり知られておりませんが、私の尊敬するジャーナリストであり歴史家の方です。真実をありのままに伝えることほど難しいことはありませんね。フェイクニュースのご時世に、刮目されるべき言論人です。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

犬連れて
水遊びせる
鼻セレブ

犬を連れた人を見ると皆金持ちに見えてきます。表参道感オーラを体現した方々をよく見かけます。広尾、青山、麻布、そのオリジナルがここにはあります。きっと使うティッシュも恒常的に鼻セレブなのでしょう。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

ぐいぐいと
肩で風切る
ストリート

歩き方が文化人類学的に自分を大きく見せようとする歩き方でした。めっちゃゴリラみたいなウホウホ歩きでした。ひとりでも勝てませんし、それが6人もいるのならば刃牙のキャラクターでもない限り、まず勝てないでしょう。触らぬ神に祟りなしです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

超孤独
実は成田で
帰りたい

異国の地で独り。超絶孤独会・会長を独り襲名いたしました。会員は1名。実は成田空港、いえ、上野駅から京成線に乗り換える時にすでに帰りたいと思いながら、ここまで来てしまいました。目の前の若い女性たちは私がイタリア語をわからないと思い、私のことを話しているのが丸聞こえです、という妄想をしながら、ミケランジェロのような太腿をチラ見しつつ、孤独のグルメを食べながら、ユーロ高いなぁ、日本円、弱い。日本はもう落ち目、これからは中国・米国と共に生きていこうかなぁ、と思っておりました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

あぁ、まただ
全員スリに
見えてくる
勝手な妄想
テディベア

夜はなんか怖いですね。独り歩きも怖いです。心なしか、顔もこわばり、早歩きになります。気づけば、独り走っておりました。私は誰から逃げているのでしょう?おそらく私はメディアが増幅した恐怖から逃げているのでしょう。ひと呼吸起き、水を1ユーロで買いながら、ミラノ中央駅で、ルーズベルトの名言、The only thing we have to fear is fear itself.を暗唱しておりましたら、隣の黒人の方が私に1ユーロをくれました。パフォーマンスか何かだと思われたようです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

ホテル着く
中に入るまで
油断せず
部屋のトイレの
糞ユーロかな

百里をゆくものは九十里を半ばとす。私はホテルに入っても、部屋に入っても、トイレの中でもスリに気をつけておりました。バッチリ財布にチェーンをつけておりましたので、ズボンとフックの関係から、トイレに小銭を落とすハプニングもありましたが、なんとかスリに会わず旅の旅程を終えることができた次第です。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

木村切り
素の瞬間を
木村切り

木村伊兵衛のようにバシャバシャと撮っています。とはいえ伊兵衛とは異なりバッチリカメラ目線いただきました。完全に撮っているところがバレております。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

木村切り
何度やっても
逆木村

木村伊兵衛の切れ味はどうやら難しそうです。鈍刀は鈍刀として、なまくら刀の強みであるにぶみを活用して撮るしかないのでしょうか。これもバッチリカメラ目線いただきました!

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

サヨウナラ
超絶巨大な
自撮り女子

建物もでかけりゃ、広告も大きくなりまさぁ。いやぁ、ありがとぅ。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

犬がいる
ほんとに普通に
犬がいる

大事なことなので2度言ってしまいましたが、電車の中にふつうに犬がいます。いるけど何か?的な感じなのです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

また食べた
Santa Luciaの
磯部焼き

やって来ました水の都・ヴェネツィア。はるばる来たぜ函館。磯の香りがします。5年ぶり2回目の来ツィア。駅前のバポレットで磯部焼きが売っています。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

タクシー
全部リュック
ベッソン

タクシーの運ちゃんが全員、リュック・ベッソンの映画『タクシー』に出てくる感じのオーラをたたえてました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

飛んでる!
ポルコ、私!
飛んでるわ!

スーパーマンごっこをしているカップルがおりました。贅沢な遊びです。紅い船がポルコを思い出させます。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

脇見せで
紅蓮腕(かいな)の
間世界

脇見せずただ君だけを見つめる。ヴェネツィアの夏。海パンなんていらねぇよ夏。西郷輝彦の君だけを、を口ずさみました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

水しぶき
船乗り心
洗濯機

船乗りの心はみんな海が洗い流してくれるから綺麗なんですねぇ。運転手はボリウッド出身ではありません。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

It’s a Sony

…そんな空耳が聞こえて来る写真です。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

太陽に
尋ねしジェノバ
母薫る

ヴェネツィアの観光地を外れた北のほうですが、この風景は、まさに、私が浪人時代に見たあの景色です。そうです。東映アニメ、母をたずねて三千里のジェノバの風景です。潮風が運ぶ〜、かあさーんのうたー

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

犬がいた
自分が棒に
なった感

犬も歩けば棒に当たる。ヴェネツィアを歩けば犬に当たる。メタに自分と犬と棒を入れ替えるとい暇を持て余す神々の遊びです。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

給水所
鳩も由紀夫が
恋しかろ

ヴェネツィアの給水所というものは、なんと!飲めるんです!飲料水なのです!そして、その給水所は、いきなり出くわすのです!まるで、save pointか!!?とつっこみをいれたくなるのです。そんな平和なセーブポイントはテントもコテージも使うことができます。平和の鳩の象徴も喉が乾くのでございます。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

さんさんさん
太陽の光〜
ボックらの朝に〜
ふりそそーぐ〜

さわやか3組の主題歌が空耳アワーしてきました。母さん、ヴェネツィアの空は青く、太陽は今日も僕と洗濯物を照らしましのぶします。小学生の時に風邪をひき、休むと決めた瞬間、身体が楽になり、治りかけたと錯覚した頭で見たさわやか3組を思い出しました。

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿

住宅に
ゴミも集まる
いい男

ゴミすらもアートに見えてきます。ヴェネツィアの魔力は奥底がしれません

 

 

 

 

Culture You!あ~、世界ってほんと美(たの)しい

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA