Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

漱石が沁みる毎日・雨中ゴルドベルクを聴きながら

 

漱石が沁みる。
English Ver.
The transcendent person activity is having a pinch! What?

I can not afford to live.

Is this the sensation of a person working in a black company? I have worked on sales for the time being, so do you deceive those who wear out the spirit with hearts turned down? Because there is not much psychological punch compared to, it is a still more person, but truly it is hard not to have your own time. No, this is also a strange language. Everything is your own time in the first place.

Recently, I started to use my mind for wording. It is because it is too close to presentation at the aesthetic society. The exhibition at the Arts Festival is also decided and it is impossible to think about only that, also a work presentation + a symposium. It is a challenging task. Gum valuba! Presentation of the aesthetic society, part-time job to live. Everything is doing this for myself, using my own time.

From the viewpoint of the world, it will be blessed. It is because it is being promoted while enjoying the feeling that all of those that distribute resources are for themselves. Because I am doing it with some degree of rewarding, my spirit also holds me. I can not do it unless it’s fun. If this was unworthy, the spirit of my tears will now be worn out by dragonfly dolphin pillars, hunting pilgrims, schoolingers of schooling Paul Pipoip Momongers of squawky Ponto cypress Ponto Po It would have been.

Well, at least this time will be passed as a roller coaster for 2-3 months. Recently, the day passes so fast as light. I wonder why the day as a college department was so long and relaxed. In my free time I enrich my life. One day is over by SNS and e-mail. Probably the majority are escaping to SNS. The wall of information collection and escape is thin and sweet.

I wonder if all the people working in the world will spend this way and finish their lives. I will end this life as unchanged from the enormous absurd imagination. That is also life. After all, we are merely a foam that consciousness occurred during the transition period until artificial intelligence was born.

I am going to enjoy life while enjoying it as a noble phenomenon.

I will write it here as a memorandum. Write yourself as if you are unsuitable for yourself, recent interests etc. Kagiyan ‘s lawyer was everyday to think that he made easy efforts in his writing.

· I recently think that doing work as a coordinator does not suit me properly.

· The meaning of a teacher who told me that he would be busy with time in clerical work got to know a lot.

· I definitely do not want to use the word busy! → If you are busy with spare time activities okay? I should make it Renaissance activity w

· There is no core! A toast to myself

· Myself trying to meet people’s expectations! There!

· If you try to write a paper based on strict wording and argument towards the argument, the brush does not advance at all

· I am really sleeping → It may be dangerous if I get stressed

· Everyday of self-disgust by seeing the serious people of the world, every day overwhelmed by the size of the world, people who are smaller than the Earon Mask and Zuckerberg are overwhelmingly overwhelming, and they live more than small items I’m thinking about meaning.

· Although it is weak by criticism, it will be a little easier if you decide your mind and plan to have fun.

· In the end, if you become troubled, stop throwing it with a round and it makes it a bit easier if you think.

· The courage to be hated is important. I thought that such a book had come out somewhere, I reserved it at the library.

· Focus on priorities and things

· Others who see in authoritarianism also did not see their own essence. That is, that human embraces a complex against what is authoritarian.

· Your essence was “easy”. It is the essence of the present that the withdrawal from human relations is the purpose of life is the present essence of myself, super contradiction of wanting to share with others while releasing art promoting the release from human relations, It is real.

· Relaxed and rich. That is the goal of life. It is impossible to save the world. It is myself to save. That is the goal of life. Graduation from good people who are struggling with others. Everything is for myself. For myself. Start from there.

· I think that I want to go like a cat. Pleasant, sweetest. For that reason self contradiction that you earn money. The aim should be “The masses”. I want to be a public in the masses. I want to be a lowly citizen who appears in Kurosawa movies. Speaking of greed, I want to be a little courageous citizen and a future.

Now, leave your free time and live black.

Soseki will be crying.

超絶暇人活動がピンチを迎えている!?

人生に余裕がない。

これがブラック企業で働く人の感覚なのだろうか。一応、営業の仕事もしたことがあるから、精神をすり減らした人を心を鬼にして騙す?、っていうのに比べれば精神的なパンチはそんなにないからまだまだましな方なのだが、さすがに自分の時間が持てないのは辛い。いや、これも言葉遣いが変だ。そもそもすべてが自分の時間なのだから。

言葉遣いにここ最近、めちゃんこ気を使うようになった。それもこれも直近で美学会での発表を控えているからだ。芸術祭への出品も決まり、そのことばかりを考えているわけにもいかず、作品発表+シンポジウムも行う。やりがいある仕事である。ガンバルンバ!美学会の発表、生きるためのアルバイト。どれもこれも自分のために、自分の時間を使って行なっている。

 

世人からしてみれば、大いに恵まれているだろう。今のわいがリソースを振り分けるそのどれもが自分のためである、という感覚を享受しながら進められているからだ。ある程度のやりがいを持って行なっているから、精神も持ちこたえてくれている。楽しくなければ、やれない。もしこれが、やりがいのないものだったなら、わいの精神は今頃擦り切れトンボの追徴松、やぶらこうじ、ぶらこうじパイポパイポのシュレーディンガーのモモンガーのこんこんちきのぽいとこなーのてじなーにゃーのへいへいポーになっていただろう。

まぁ、たかだか、2~3ヶ月のジェットコースターとして今回のことも過ぎていくのだろう。また最近、1日が過ぎるのが光のごとく早い。大学の学部の頃の1日はなぜあんなに長くてゆったりしていたのだろうか。暇は人生を豊かにする。SNSとメールで1日が終わる。おそらく大半がSNSへの逃避なのだ。情報収集と逃げの壁は薄くて甘い。

世に働く世人は皆このように過ごして一生を終えるのだろう。私もまた膨大な魑魅魍魎の有象無象と変わらずこの生涯を終えるのだろう。それもまた人生。所詮われわれは人工知能が生まれるまでの過渡期に生じた意識が宿った泡に過ぎない。

 

有象無象として、楽しみながら、人生を謳歌しようと思う。

備忘録として、ここに記す。自分の向き不向き、最近の関心など、徒然なるままに書く。兼好法師はつくづく執筆に際して楽をしやがったなぁ、と思う毎日である。

・調整役の仕事をするのはつくづく自分に合ってないのだなぁ、と最近つとに思う。

・事務処理に時間を忙殺されると語っていた恩師の意味がめちゃめちゃわかるようになった。

・的をえた厳しい批判が突き刺さり過ぎて凹む!理があるから、すごく刺さる。そして、それがなりたい自分の方向へのアドバイスとなるから、グロッキー状態になる。→眠るwwwのループ!

・世界は自分が思っている以上に優秀な人で溢れかえっている。バカなんていないんじゃないか?

・忙しいという言葉は、絶対に使いたくない!→暇人活動でいそがしいwならおっけー?ルネサンス活動にしようかなw

・芯がない!自分に乾杯

・人の期待に応えようとしてしまう自分!いる!

・博論に向けて厳密な言葉遣いと論証に基づいて論文を書こうとすると筆が全く進まない

・めっちゃ寝ている→ストレスがかかると眠くなるわいなのかもしれない

・世間の本気な人を見て自己嫌悪の毎日、世界の広さに圧倒される毎日、イーロン・マスクやザッカーバーグよりも小物な人が圧倒的にすごくて、それ以上に小物なわいの生きる意味を考えまくっているわい。

・批判に打たれ弱いものの、覚悟を決めて、楽しもうと思うとちょっと楽になる。

・最後には面倒になったら、丸投げしてやめてしまえ、と思うとこれまたちょっと楽になる。

・嫌われる勇気が大事。そんな本、どこかに出ていたなぁ、と思い、図書館で予約。

・優先順位とその物事に対して集中する

・権威主義的に見る他人もまた自分の本質を見えていなかった。つまり、その人間が権威主義的なものに対してコンプレックスを抱いている。

・自分の本質は”楽”であった。人間関係からの解脱こそが人生の目的であるということが現在の自分の本質であり、その人間関係からの解脱を推し進めるアートを解脱しながら、他者と共有したいという超矛盾が自分の現在のリアルである。

・のんびり大金持ち。それが人生の目標。世界を救うなんておこがましい。救うのは自分。それが人生の目標。他者をきづかういい人からは卒業。すべては自分のため。自分のために。そこからスタート。

・猫のように行きたいとつくづく思う。媚びず、悠々自適。そのために金を稼ぐという自己矛盾。目指すべきは”The 大衆”。大衆の中の大衆でありたい。黒澤映画に出てくる卑しい小市民でありたい。欲を言えば、ちょっとだけ勇気ある小市民でこれからもありたい。

さぁ、暇を捨てて、黒く生きよ。

 

 

漱石が沁みるぜよ。

 

 

 

 

Culture You!あ~、世界ってほんと美(たの)しい

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA