Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

ひと段落しまして

ひと段落して、やっとブログを書いている。

心の備忘録とバロメーター、それが私のブログである。

 

English Ver.
I finally wrote a blog after finishing paragraph. My memorandum and barometer, that is my blog.

The exhibition work of the Tao Genkyo Arts Festival, which is made with local people, can also do quite nice things, and here is also a paragraph.

A great crash of bit coins that occurred at the beginning of this year since the end of last year is also a paragraph. A new parcel is decided and a paragraph. The various paragraphs were paragraphs. It is still good luck somewhere even if you suffer great loss. I feel like I’m alive by just luck. It will be my life, too. Really lucky.

There was no problem with the bit coin itself, but the FX in bit coin denial was awful. In general, I got nearly 1.5 million yen loss. My annual income disappeared momentarily. This is FX, this is kaiji, this is the world of the academy. That delight and despair can only taste the things that took the game by cutting the money.

Immediately after Los Cut I could not wipe the whole body bruise feeling. Wake up in the morning, days to confirm that it was a dream. It was not a dream. It is a dream, but it was not a dream. This feeling, I have felt somewhere. Dejaub. Yes, that feeling of the Ronin era. It is exactly the same as the feeling of 雪 辱 that was tasted for several weeks just after the Ronin decision.

After that, I increased the number of buyers further and bought near 1 BTC … I did not expect even a minute dust that Rosscat was waiting.

There is nothing I can do without doing what I shall do. A short sale short-selling. Oh, I wish I could sell it short at that time ~, but my mistake on FX did not go away from my head even though. This is actually a waste. Truly constructive thing is to forget that mistake and to start a re-departure because failed past time also has not returned.

And it took a long time since nearly a month passed. New, small, comprehensive and consistent. I make a living while knowing enough to be foolish. I realized myself as a life-size protagonist. Humility. Segmental correspondence. That is the right way for human beings to live.

Eat yakiniku and resurrect!

Recently, I can not make a work unless my mind settles. It is fatal as a transcendental person.

Goblins are shining brilliantly in the activities of the actors. It is a slave to others if you are so busy with work that gains everyday gluing. If you love the job on its own initiative and you like that job, that job becomes nature and leisure time.

It was a blank time when I did not want to do anything. I do not know what I want to do, too much. Writing a sentence is halfway, drawing manga is halfway, English is halfway and everything to do is incomplete. All halfway, it is myself. It may be my essence.

However, after all it is inconvenient halfway. Even curious curiosity does not make it to anyone who really knows the field. You can not say “to know” at the level of just reading a new book. Extensive reading and random reading also decreased sharply recently. That was why he was staring at the chart. The writing speed also fell. The picture grew a little bit. As there was an art festival, practicing was a success. English also subtly reduced skills. The bit coin itself is wonderful, but it may be difficult to maintain the hungry spirit as we become rich.

Perhaps God might have banished the bit coin to awaken my hungry spirit. When I think so, it is very pleasant to the mental health. That’s it. Let’s think like that.

Looking at the streets, Youtuber is blossoming with bloggers. Every one of them is interesting. Every one of them tells exactly what he wants to convey. Aesthetics skills are all high. I catch things with my opponent’s eyes. So it may arrive. It’s always better to be alone, sumo wrestling alone, shitararo.

For the moment, you calm down.

What is there on the calm side? It is not certain. However, it seems that it can only be found by making something. Later this morning, I saw Steve Jobs’ last speech. I caught my heart.

What will I do if I live thinking that I will die tomorrow? I live with my daughter. It already has come true. I am doing it everyday. Find the things you want to do lower than that. Not particularly. Strongly speaking, singing songs while traveling the world. Snufkin.

That day, I would like to do what I had thought of as he wears as he wants. So there is no clear target. Did Socrates have a goal? Did Plato have a goal? Apart from living better. Many of the living human beings have too much to live their meaning of living to others. I aim to live better. It was a recent event noticed that it is my art.

I doubt everything, believe, and in the dialogue with self lying next to it, I can see things I want to do.

 

地元の方と一緒に作る桃源郷芸術祭の出品作品もかなりいいものができ、こちらもひと段落。

昨年末から今年初めに起きたビットコインの大暴落もひと段落。新居も決まりひと段落。諸々のひと段落がひと段落した。大損こいてもやはりどこかで運がいい。運だけで生きている気がする。それも私の人生であろう。本当に運がいい。

 

ビットコイン自体に問題はなかったのだが、ビットコイン建てでのFXがやばかった。総じて150万円近くの損失を出してしまった。年収が一瞬でふいっと消えた。これがFX、これがカイジ、これがアカギの世界である。身銭を切って勝負をかけたものだけが味わえる、あの歓喜と絶望。

 

ロスカット直後の私は、全身打撲感が拭えなかった。朝起きて、あれは夢だったと何度も確認する日々。夢じゃなかった。夢だけど、夢じゃなかった。この感覚、どこかで感じたことがある。デジャブ。そう、それは浪人時代のあの感覚。浪人が決定した直後の数週間味わった雪辱の感覚とまったく同じだ。

 

このあと、さらに買玉を増やし1BTC近くの買いに…ロスカットが待っているとは微塵も思わなかった。

やることなすこと、すべてが手につかない。空元気の空売り。あ〜、あのとき空売りしておけばなぁ〜、といつまで経っても頭からFXでの失敗が離れない。これは実は非常にもったいない。過ぎた時間も過ぎた失敗ももう戻らないのだから、真に建設的なことはその過ちを忘れ、再出発を切ることである。

 

そして、1ヶ月近くが経ってやっと振り切れた。新しく、小さく、分相応にコツコツドカン。愚直に足るを知りつつ、生計を立てる。等身大の主人公たる自分に気づけた。謙虚。分相応。それが正しい人間の生きる道だ。

 

焼肉を食べて復活!

 

最近、心が落ち着かないと作品が作れなくなってしまった。それは超絶暇人としては致命的である。

超絶暇人は眺忙人活動の中でこそ光り輝く。作れないとこにこそ、作る。それでこそプロだ。プロ藝大生だ。藝大出ればただの人、なんてのは藝大にいて死屍累々を超えて見てきた自分が一番よく知っている。藝大にいるうちから勝負。自分を捨てて突っ込んでいく。

逆境の中で生み出された作品はいつも強い。それは愚者である私の経験からもそして、賢者である歴史からも証明されている。窮地であればあるほどハングリー精神が刺激されてより念のこもった作品が仕上がる。今回の作品もめちゃめちゃ迫力がある。ひとえに集中力の高い参加者のおかげである。墨で一発勝負というのもなかなかよかったのかもしれない。

 

 

茨城 NEWS WEB 市民と作家一緒にアート 北茨城

茨城県のNHK首都圏ニュースに取り上げていただけました!!!やっぱり俺は運がいい!!www

 

さて、ひと段落し過ぎて、やりたいことがない空白の時期となった。

これはなんだかんだ言って、いつもこの入試の時期にやってくるひとつの恒例クオリアだ。またこの季節が来たかとのんびり、茶でもすすりながら、鳥の声をきく。

ひと段落し過ぎて、やりたいことが見つからない。文章を書くことも中途半端になり、マンガを描くことも中途半端になり、英語も中途半端になり、やることなすことすべてが中途半端になっている。すべて中途半端、それが自分である。それが私の本質なのかもしれない。

 

しかし、やっぱり中途半端は格好悪い。広い好奇心といえども、その分野を本当に知っていることにはまったくならない。単なる新書を一冊読んだレベルでは到底”知る”とはいえない。多読、乱読も最近めっきり減った。それだけチャートとにらめっこをしていたのだ。文章を書くスピードも落ちた。絵はなんとか少しは成長した。芸術祭があったので、練習していたのが功を奏した。英語も微妙にスキルが減った。ビットコイン自体は素晴らしいのだが、豊かになればなるだけハングリー精神を維持するのは難しいのかもしれない。

 

 

ひょっとしたら神様が私のハングリー精神を呼び覚ますために、ビットコインをぶっ飛ばしてくださったのかもしれない。そう思うと非常に精神衛生上心持ちいい。そうだ。そのように思うことにしよう。

巷を見れば、Youtuber、ブロガーで溢れている。そのどれも面白い。そのどれもが伝えたいことを的確に伝えている。美学力がみんな高いのだ。相手の目線で物事を捉えている。だから届くのかもしれない。こちらはいつも独りよがり、独り相撲、しどろもどろ。

 

ひとまず、君が落ち着け。

 

 

 

 

落ち着いた先に何があるのか。定かではない。しかし、何かを作ることでしかそれは見出させない気がする。今朝久々、スティーブ・ジョブズの最後のスピーチを見た。心に沁みた。

明日自分が死ぬと思って生きたら、俺は何をするだろう?猫と嫁と暮らす。すでに叶っている。毎日している。それより下位のやりたいことを探す。特にない。強いていえば、世界を旅しながら歌を詠むことだろう。スナフキン。

 

その日、着の身着のまま、思いついたことを好きなようにやりたい。だから明確な目標というものはない。ソクラテスに目標があっただろうか?プラトンに目標があっただろうか?よりよく生きる以外に。今を生きる人間の多くが、その生きる意味をあまりにも他者に規定され過ぎてしまっている。私はよりよく生きることを目指す。それが私のアートである、と気付かされたここ最近の出来事であった。

 

 

ありとあらゆるものを疑って、信じて、その先にある自己との対話にこそ、やりたい物事が見えてくる。

 

 

 

 

 

 

Culture You!あ~、世界ってほんと美(たの)しい

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA