Renaissance Man

とにかく、あれこれやってみる。

後輩に ですますつける 三十路かな(億葉集)

藝祭、本日が最終日ですね!

拙本を藝大の新図書館で売っているので、ぜひご覧ください。

あわよくば購入していただけると幸いです。

 

国際藝術センター、通称IRCA

 

それでは、#億葉集、行って見ましょう!

 

 

アメ横、いつも賑わってますね!最近はヒジャブを着た女性の一団をよく見かけます。インドネシアの方々でしょうか。他にも言葉を聞くと中国語や韓国語がたくさん聞こえます。中国、韓国、台湾の方が屋台に座っているのをみるととてもアジアンな気持ちになれます(アジアの海外経験はヨーロッパに向かう・帰る途中のトランジットで一瞬寄った、上海のみ)。そこで嫁と食べた新功夫のピータンのお粥は、1ヶ月間のヨーロッパ古美術研究旅行という日本への帰りの便ということもあって、人生史上最高のお粥でした。ほんと。マジで宇宙一のお粥体験でした。7年前の話です。 詠める、 — アジアンな アジアンカンフー ジェネレーション #億葉集 #アメ横 #屋台 #アジアン #上野 #古美術研究旅行 #たこ焼きが安くて美味い

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

アジアンな アジアンカンフー ジェネレーション

 

 

谷中の古民家に住む大町愛子を彷彿とさせる熟女の邸宅へ深夜訪問。島耕作と同じ星の下に生まれたのか、自分の周りにはたえず女性がたえません。ありがたい限りです。 ちなみにわたしの好きな島耕作に出てくるヒロインNo. 1は鈴鴨かつ子さん、2位は馬島典子さんです。 詠める、 — 奥谷中 丑三つ時の Shangri-la #億葉集 #谷中 #奥谷中 #Shangri-la #シャンバラ #シャングリラ #古民家

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

奥谷中 丑三つ時の Shangri-la

 

 

雨上がりの谷中。草木の萌え出づる香りがしております。 詠める、 — 雨上がり はーしんど、 眠いから 迎えにこい みどり薫る #億葉集 #嫁 #結婚とは忍耐なり #谷中

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

雨上がり はーしんど、 眠いから 迎えにこい みどり薫る

 

 

暗号通貨のわたしの師匠でもある新潟の後輩が久々に上京。ビットコインの将来性について語ってくれました。もちろん、小中の後輩ではあれ、その道の師匠ですから暗号通貨関係でお会いするときは敬語で話させていただきます。年末年始のロスカット事件から早半年、わたしの保有数も10000satoshiを突破しました。年末までには15000satoshiを目指していきたいです。後輩がおごってくれたねぎしの牛タン、とてもうまかったです。 詠める、 — 後輩に ですますつける 三十路かな #億葉集 #ねぎし #根岸短歌会 #正岡子規 #暗号通貨 #牛タン

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

後輩に ですますつける 三十路かな

 

 

ここのジムいいね、(経営権を)買おうかな。後輩さまをわたしが通う高級ジムに案内させていただきました。会員制ですので、もちろん、わたしがいないと入れないのですが、さすが後輩さま、すでに新潟の提携店で会員権を所有されており、すんなりと顔パス。歩くそぶりはまさに紫陽花の花でございました。 数時間、トレーニングを終えたのち近くのダンボールに座った会員の方々とストロングゼロで乾杯。ますます上野が好きになった瞬間でした。 詠める、 — ストロング 地べたにすわる ゼロの果て #億葉集 #上野 #上野公園 #不忍池 #下町風俗資料館 #年間パス

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

ストロング 地べたにすわる ゼロの果て

 

 

不忍池周りにも以外に猫がいるんです。池と反対側の建物のしたいには目がいかないものですが、見えぬものでもあるんだよ、と金子みすゞさんもおっしゃっておりましたが、ほんと、見えぬものでもあるんですね。 詠める、 — さびがらの 薄汚れたネコ それゆえに あはれをいだく しあわせであれ #億葉集 #猫 #ねこ #cat #catlover #上野公園 #不忍池

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

さびがらの 薄汚れたネコ

それゆえに あはれをいだく

しあわせであれ

 

 

2月のロスカット事件以降、借金生活を送っているわたくし。自己破産したほうが楽なんじゃない?と言われることもしばしば。しかし、千昌夫さんや、矢沢永吉さんのお話を知っておりますので、人間ピンチの時ほどがんばれるというもの、わたしのまだ知らない未知のパワー、まさにドラゴンボールスーパーの悟空が会得した身勝手の極みを発動できれば巻き返しのチャンスはあるのかなととらぬ狸の皮算用をしております。 そんななか、借金生活ですから外食もあまりできなくなり、自分の潜在能力は発動していないのですが、そのかわり嫁の潜在能力が発動したのか、お弁当を作ってくれるようになりました。材料費は夕食からのペース配分で出せるので、実質0円です。美学研究室の友人たちからは嫁をやりがい搾取していると言われましたが、まぁ、人それぞれ幸せのかたちがあるものだ、とプロタゴラスを引用させていただきました。 詠める、 — 嫁は朝早くから 夜遅くまで仕事行き わたしはアマゾン primeビデオ #億葉集 #豊か #リッチメン #リッチ麺 #しあわせ #幸福 #アマゾンプライム

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

嫁は朝早くから 夜遅くまで仕事行き

わたしはアマゾン primeビデオ

 

 

じいちゃんが死んだとの報が入りました。深夜3時、電話が鳴ったのであ、これは誰か死んだわwとまぁ、事前の体調悪い情報も入ってきていたのである程度覚悟をしておりました。 葬儀は2日後、その間に東京での仕事もあるためそれをしっかりこなしてから実家に一時帰宅しました。 御茶ノ水での仕事の帰り、実家近くに本店のある、なおじを発見しました。別に実家に戻ってからでも食べられるのですが、わたくしの超ハードスケジュールを考えますとのんびりしている時間もとれないと思ったたため、御茶ノ水で故郷新潟の味を堪能することに決めました。 1浪時代に通った御茶ノ水、それ以降浪人した新潟。両親や進路指導教師の苛烈なる新大(新潟大学です。信州大学や神戸大学ではありません)進学への圧力、これはまさに今にして思えば2018年2月のビットコイン相場の売り圧力と同等のヘクトパスカルでした。 しかし!その中にあっても、じいちゃんは、健太の選ぶ道だから人がとやかくいうことはない。いいか、健太、これから先いろんな人がお前の進む道にいちゃもんをつけてくるだろう。だが、とりあえず聞く耳は持て。そして、しっかり相手の話を聞いたのち、お前の心に耳を澄ませ。それがお前の答えだ。 そのため、わたくし6浪してしまうわけですが、別居した両親、親父はいつも酒を外に飲み歩き不在のなか、自分は、じいちゃんとばあちゃんで食卓を囲み、毎日相撲を見ておりました。じいちゃんがごはん、だと決まって自分を呼ぶのが、16:45分頃で、高見盛の番付が上位だとちょうど見ることができました。ばあちゃんは高見盛りをいつも応援しておりました。発泡酒、デッキーのウオロクの脂ぎったとんかつ、じいちゃんは、自分が美味しいと言ったことをずーっと覚えていてくれて、毎日、ルーティンワークのごとく毎食ごとに出してくれました。時々、わたしも人間ですから飽きることがあり、時には違うものも買ってきてくれと言うとカニクリームコロッケや鳥の唐揚げも買ってきてくれました。しかし、それも数日するととんかつに戻りました。 そんなじいちゃんが死んだことを思いながらなおじの背脂ラーメンを食べた次第です。 詠める、 — 御茶ノ水 鼻汁すする なおじかな #億葉集 #じいちゃん #じいさま #なおじ #背脂ラーメン #新潟 #浪人 #駿台

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

御茶ノ水 鼻汁すする なおじかな

 

 

大学に鯉がいます。職員の方が餌をあげているのをよく見ます。わたしも職員の方と一緒に餌をあげたこともしばしば。 餌をあげた瞬間、思い出したのは田舎の本家の実家にあった鯉の池。餌に甲虫の丸まった変な匂いのする餌、子どもながらに人間が食べてはいけないものだとわかったのですが、知的好奇心を心のブレーキが抑制できず、食べてしまつまたことを思い出しました。後味はまずかったのですが、舌に広がる味覚のファーストコンタクトはなかなか美味しかったのを覚えております。 今では、田舎の本家の家もあばら屋となり、歴代の先祖の写真も処分されてしまったようです。わたしはいつも珍しいものを撮りまくる癖がありますから、写真にデータとして残すことができてよかったです。 自分のルーツを覚えようとしない人間は動物と同じだと思ってます。もちろん精神的なルーツは田中角栄。鯉に餌をやりながら、魂の履歴を思い出しました。 詠める、 — 餌をやれば 思い出す はるかな尾瀬 とおい空 と、あおいそら #億葉集 #鯉 #餌やり #田中角栄 #田中眞紀子 #田舎 #お墓まいり #蒼井そら

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

餌をやれば 思い出す

はるかな尾瀬 とおい空

と、あおいそら

 

 

おっさん彼女なしの友人たちと3人のLINEグループを作りました。美学芸術学的なことを話したりするグループだったのですが、最近、40代前半のおっさんたちの飯テロラインと化してしまいました。松家、すき家、てんや、吉野家の飯が連日並びます。 毎日毎日、ファストどんぶりなのです。わたくし、毎日、嫁の愛妻料理を食べているので同世代の友人たちもそんな感じなのかな、と思っておりましたが、人によって食べ物の種類がこんなにも違うものかと驚愕いたしました。孤食かつ連日のファスト系どんぶりは心も身体も蝕んでいくのではないかと思っておりましたが、彼らを見ていると案外、孤独を愉快に楽しんでいるようで、ただ健康だけが蝕まれていることに安心いたしました。単に野菜が高価で少なめなのですが、もっと野菜をとったほうが良い。なんなら谷根千に引っ越してきたほうが良い、と若輩者ながらアドバイスをさせていただきました。 それと、ファストどんぶり系の店のコスパは低い、という、わたしの指摘に議論は炎上。味の割に値段の高さを指摘したのですが、美学芸術学的にどちらも話は平行線をたどりました。 またファストどんぶり系店の名前の語尾が家、や、が、多いことにも気づきます。 時折の飯テロで、ハムの燻製やマンゴーのぶつ切り写真が送られてくると、ふつうに料理のうまい40代前半彼女なし男性はいるんだなと自分の無知にも気付けます。40代前半の博士のインテリおっさんたちが紅生姜について熱弁する楽しさ!!!このスレッドをぜひ公開したいものです。 詠める、 — 40代 彼女のいない おっさんが 口角泡す 紅生姜 #億葉集 #松屋 #すき家 #吉野家 #てんや #ファストどんぶり #牛丼

Kenta Ichinoseさん(@iccchiiiiii)がシェアした投稿 –

40代 彼女のいない おっさんが 口角泡す 紅生姜

 

 

Culture You!あ~、世界ってほんと美(たの)しい

お!なかなかいい記事じゃん!と思われた方はアマゾンでお買い物♪

俺の脳髄をミニ四駆みたいに改造したい方へ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA